>  > 大ヒットドラマ『孤独のグルメ』スタッフが贈る"大人の密やかな愉しみ"シリーズ第二弾『昼のセント酒』!
蛸山めがねの「春のドラマチェック」1回目『昼のセント酒』

大ヒットドラマ『孤独のグルメ』スタッフが贈る"大人の密やかな愉しみ"シリーズ第二弾『昼のセント酒』!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主演は"今一番公演チケットが取れない劇団"TEAM NACSメンバーで「残念なイケメン」こと戸次重幸さんを迎え、「孤独のグルメ」原作者・久住昌之さん原案、同製作チームのテレビ東京・土曜ドラマ24『昼のセント酒』(毎週土曜日深夜0:20~放送)を蛸ちゃんはどう見たのでしょうか?


これぞ"いい塩梅"ドラマ!


 日の出広告企画営業部二課に勤めるも、あんまり労働意欲がなさそうな主人公・内海孝之(戸次重幸)が営業先で出会う、昼下がりの銭湯&風呂上りの一杯を1人でムフフと愉しむお話なのですが


0411tako_sentoua.jpg


 内海(戸次重幸)がまさに身も心も大解放していて(ドラマの半分はお風呂シーンのため、だいたい全裸)、深夜ドラマなのに見ているこっちも昼下がりに入るお風呂の気持ちよさを思い出し、なんか弛緩して呑気に楽しめるドラマに。

 また「孤独のグルメ」ではサーフロックみたいなのが流れると、主人公・井之頭五郎(松重豊)がごはんに追い込みをかけるシーンが毎回放送されて、視聴者のよだれを誘っていましたが、『昼のセント酒』では「♪~ゆっ、ゆっ、ゆっ、ゆげ(湯気)、ゆっ♪」という掛け声とともに内海(戸次重幸)が一気にビールを飲む場面があって、こちらは思わず喉が鳴ってしまいそうになるのでした。


0411tako_sentoub.jpg


 今後も実在する銭湯や飲み屋が登場するそうで、早速「昼のセント酒」巡礼してみたくなる

...というか今、イラストや文章を書いているだけでドラマのことを思い出して、

ちょっとお酒が飲みたくなっておるとです...。


   

蛸山めがね
マンガ家、イラストレーター 白夜書房『懸賞なび』に「懸賞ほう・れん・そう」と「懸賞あるある」連載中。
https://note.mu/octopoda8