>  > 天下の奇祭 かなまら祭へ観光に来た世界各国の美女の恥ずかしがる姿を見たい!
体内にGPSを埋め込まれた事案系中年がウロウロする企画【その男、変態につき】

天下の奇祭 かなまら祭へ観光に来た世界各国の美女の恥ずかしがる姿を見たい!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年4月の第一日曜日に神奈川県川崎市の金山神社でおこなわれる「かなまら祭」では、男根をかたどった3基の神輿がかつぎ出される。子授けや縁結び、現在ではエイズ除けの祭りとしても有名で、外国人観光客も大勢訪れるのだとか。かなまら様のご利益にあやからんとする善男善女にまぎれ、そし川崎警察署の厳しい監視の目をくぐり抜けて我らが事案系中年レポーター・コウノも早速潜入開始!


現場に到着したコウノが見たモノは!?


 今年もアノ奇祭の季節がやってきた。ジャパニーズ・エキセントリック・フェス「かなまら祭」である。世界中には、トマトを投げつけられまくってトマトまみれになったり、ウシに追いかけられまくったあげくホネの2、3本ほどヘシ折られたりする数多の奇祭が存在するわけだが、日本にも、巨大な男根が白昼堂々と町を「闊歩」する狂気のフェスがある。そう、かなまら祭だ。白昼の繁華街をピンクやら黒やら色とりどりの卑猥な物体が練り歩くのである。眼前で繰り広げられる狂気の沙汰を許容するフトコロの深い川崎市には敬意を表したい。

 ところで、イキリ勃つ男根を目の当たりにした女子たちの心中やいかがなものだろうか。おそらくヌラヌラしたキモチになるにちがいない(編集部注 そんなわけはありません)。火照りの限界を超え、"火照りの向こう側"にイッてしまった世界各国の女子たちを見にいってみようかと思う。


kounomotou_20160406_01.jpg

指名手配写真ではありません


 現場に到着。

 ちなみに同祭で現在巡行している神輿は「かなまら舟神輿」「かなまら大神輿」「エリザベス神輿」の3基となっており、「エリザベス神輿」は台部にピンク色の男根がのった神輿で、女装クラブ「エリザベス」から寄贈されたものだという。


kounomotou_20160406_02.jpg


 境内には、さまざまな人種が入り乱れており、


kounomotou_20160406_08.jpg


 中央付近では、「エリザベス」がギンギンにそびえ勃っていた。