>  > 『闇金ドッグス2』公開直前インタビュー<主演>山田裕貴さん
上映目前『闇金ドッグス2』主演山田裕貴さんインタビュー!

『闇金ドッグス2』公開直前インタビュー山田裕貴さん

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「かりたものは返す」シンプルでシビアな世界を演じる

yamadayuuki4.JPG

──クランクイン前に気持ちの切り替えに、独自の方法などありましたか?

山田裕貴この作品に入る前にワークショップがあって、例えば、僕は忠臣役ですけど須藤を演じてみるとか、津田さんが忠臣を演じてみるとかアドリブ劇をしました。そこで気づけた事が多かったので、たぶん1より2の方が安藤忠臣より幅が広がったと思います。

──安藤は冷たいイメージだったのですが、すごい人間味で情が厚いのかなと感じました。

山田 忠臣はヤクザの頃からの名残で、義理と人情でいきてるタイプ。そういう人間だと思うし、僕自身が人間味のある人間を演じたいというか、そういう人間味がすごく好きなのもあって、忠臣にすごく反映されているんじゃないかと思います。

──前回のインタビューで山田さん自身が安藤によく似ていると話されていましたが、本作でもあった安藤の徹底的な攻めの姿勢はご自身にもあるのですか?

山田 いやもうすごいそれは一緒ですね。好きなことだったらとことん攻め続けるし、興味ないものはほんとに興味がないので(笑)

──今は何に興味がありますか?

2_MG_7569.jpg

©2016「闇金ドッグス2」製作委員会

山田 うーん、今はというか、とにかくお芝居が好きなので(笑)。お芝居を突き詰めることを毎日考えているのでそれこそ日常がお芝居だと。
日常で人をだますとかじゃなくてですよ。こういったもし取材を受けるシーンがあるとしたら、この雰囲気を覚えておけば、お芝居に繋がります。セリフを読むスピードや間とかどういう風に言ったら伝わるのかとか、普段から意識、無意識的に考えるようになっています。

──日常の振舞いや口調までもが、撮影の最中は乱暴に?

山田 そうですね、自分の乱暴だったころとかを思い出してみるとか(笑)

──ヤンチャだった頃とかを思い出す?