>  > 「女子高生コンクリート詰め殺人犯」と疑われたスマイリーキクチ、ネットリンチで精神崩壊の過去を告白
R-ZONEテレビっ子通信

「女子高生コンクリート詰め殺人犯」と疑われたスマイリーキクチ、ネットリンチで精神崩壊の過去を告白

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 捕まった犯人グループは「東京都足立区出身」「年齢は16~18歳」「全員ヤンキー」。スマイリーも当時16歳だったことに加え、「ケンカ最強」として足立区で名を馳せていたそう。スマイリーはこの3つの共通点に関し、「同世代でも同じ歳が1万人ぐらいいたので。中学校も40校以上あり、足立区でも犯行現場の地域と、僕が住んでる地域っていうのは端と端のような場所にあったので」と語り、犯人説は事実無根であることを改めて強調。

 ウワサが広まった当時、「騒ぎはすぐにおさまるだろう」と気にせずタレント活動を続けていたスマイリーだが、誹謗中傷はエスカレート。10年間に及ぶ"ネットリンチ"被害を受けることになる。

 2000年6月、スマイリーの所属事務所に、突如抗議の電話が殺到。この時、「僕はスマイリー本人です。塀の中で罪は償ったのでもう勘弁してください」などとネット上に書き込む「偽スマイリー」が出現。これを信じた人が事務所に抗議の電話をかけてきたとか。

 しかし、なぜ自ら身の潔白を証明しなかったのか? この疑問にスマイリーは「事実無根を証明するって......。できないんですよね。その日何をしてたかっていうのは、全く記憶にもないぐらい。それを証明することもできないので」と、悔しさをにじませながら語る。事件が起こった10年以上前に自分が何をしていたのかを証明するのは不可能に近く、できることといえば、事務所のホームページに否定文を載せることだったという。

 そんなスマイリーにとって唯一の味方は、当時交際7年で結婚も約束していた恋人だった。「菊池は殺害現場にいた」など、ネット上の書き込みを目にした彼女は、ネットやパソコンに疎い本人に代わり、誹謗中傷のページを集めてプリントアウト。「これを警察に持って行けば、何されたかわかるでしょ?」と言ってくれたそうで、何千件にも及ぶ誹謗中傷をまとめた資料は厚さ40cmにもなったほど。

 こうして警察に被害届を出すことになったが、今から15年前はネット犯罪の捜査方法はなく、警察でも犯人の特定は不可能。残酷な現実が2人を襲った。