出典:「NEWS23」での報道より  TOKIO・国分太一と女優・真矢ミキがMCを務める情報番組『…(2/6)" />
 >  > 「保育園落ちた日本死ね」深刻化する待機児童問題、"入園できた人""できない人の違いは?
R-ZONEテレビっ子通信

「保育園落ちた日本死ね」深刻化する待機児童問題、"入園できた人""できない人の違いは?

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 井上アナは、保育園に「入れる人」と「入れない人」の違いとして、利用基準がポイント制になっていることを挙げた。この内容も自治体によって大きく異なるが、世田谷区を例に見ると、週5日以上の勤務、週40時間以上の就労をしてれば「50ポイント」、同じ週5日以上でも週37時間以上であれば「45ポイント」など、細かく区切られているという。両親がフルタイムで働いていれば100ポイントだが、それでも落ちてしまう人は多く、つまり両親が働いているのはあくまでも最低条件にしかならないそうだ。ここに調整基準のポイントとして、生活保護世帯なら「+10ポイント」、ひとり親世帯なら「+20ポイント」などが加点され、逆に同居の祖父母、その他親族などが申込児の補完的な保護を行うことができる状態にある場合は「-6ポイント」など、減点もあるとのこと。

 このように1ポイント単位でしのぎを削り、保育園に入れるか、入れないかが決まる状況。木曜パーソナリティーの千原兄弟・千原ジュニアが「自己申告ですよね?」と尋ねると、井上アナは「基本的に自己申告です」と答え、「証明するために膨大な資料を打ち込んで提出する」といった保護者の苦労を語った。

 また、「保育園を考える親の会」代表の普光院亜紀氏は「妊娠中に保育園見学をしたり、入園選考でひとり親世帯が優先されるということがありますので、それを見て"ペーパー離婚"をしてしまうという方が実際にいらっしゃるようなんですね」と、厳しい基準をクリアして保育園に入るために、偽装離婚する夫婦までいると指摘。