>  > 元超売れっ子アイドル、"自前下着で""脱がされた"過激な撮影現場を告白......「イヤでしょうがなかった」
R-ZONEテレビっ子通信

元超売れっ子アイドル、"自前下着で""脱がされた"過激な撮影現場を告白......「イヤでしょうがなかった」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 こうした苦労の甲斐もあってドラマは大ヒットし、立花の人気は急上昇。本人いわく、「とにかく寝てなかったのと、ヘリコプターで移動した」「伊豆のバナナワニ園の後すぐに、歌番組の生放送に行く」など、多忙を極めていた様子。当然ファンも増えたのだが、「謎なストーカーみたいな」人物もいたと告白。立花は「イタズラ電話をずっと一日中かけてきたりとか。(電話を)切るととにかくかけてくるんですよ。それが夜中ずっと続いたりとか」といった被害のほか、「そこに住んでた時に、はじめポストに、本屋さんで買えないようなの(エロ本)も入れてあって」「その次、20歳の時に車を買って、自分の新車の上に(エロ本を)置かれていて」「その後に、ボンネットにこんな(両手を肩幅より広げたくらいの)大きい字で、女性の性器の名前(が書いてあった)」など、悪質な嫌がらせの数々を明かした。

 また、立花は芸能人から言い寄られた経験を質問されると、「無かったですよ、私は」と答え、「私、(事務所の)社長と一緒に住んでたんですよ。だから、(電話番号を)聞かれても教えられないように、前もって(自宅の)電話番号を教えてくれなかった」と、しっかり管理されていたことを説明。しかし、河本が「でも渡す人いるでしょ? 『ここに電話して』みたいな」と聞くと、「うん」と認めた立花。「有名な人ですよ」「最近もう出てない人」と濁し、名倉らが「誰?」と踏み込んだところ、放送上は伏せられたが「有名タレントH」の名前を口にした。「審査員の仕事で、リハでここにいたら、台本に(電話番号を)書いて渡してきて、『理佐ちゃんここに書いて』って言うから、『いやごめん私引っ越すから、電話無いから』って言って(かわした)」とのことだった。

 そんな立花の当時の給料は、初任給5万円、MAX月収30万円だったそう。また、芸能生活を続ける中で、2000年に蕎麦屋店主の男性と結婚し、一児の母に。現在は主婦業の傍ら、ウクレレバンド「LISA Hawaiians」を結成して定期的にコンサートを開催しているという。


(文=テレビマニア