>  > 現役キャバ嬢にこっそり聞いた「どうやったら店外デートできるの?」
【俺のキャバクラ道】〜店外デート攻略編〜

現役キャバ嬢にこっそり聞いた「どうやったら店外デートできるの?」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

店外デートで嫌われないためには


 まず、だいたいのパターンは、食事付きである。たとえば、映画だけを観るとか、イベントだけに行って解散ということはない。キャバ嬢は絶対に飯をたかってくる。

 そんなわけで、店外デート予算の中には必ず飯代を入れておかなければならない。飯といっても、そこらへんでラーメンを食べるのではなく、キャバ嬢は必ず「自分の金では絶対に食べない高額な食事」を要求してくる。これを断ると、キャバ嬢は急に機嫌が悪くなり、スマホをいじりはじめ、帰りたいオーラを全身からただよわせるのである。よって、けっこうな金額の飯代を用意しておかなければならない。

 メニューはキャバ嬢によるが、寿司(高級店)、焼肉(高級店)、ふぐ(高級店)、各種コース料理店(高級店)が定番となる。とにかく、キャバ嬢が自分の金では絶対に行かないような高級店でなければならない。これだけで、最低でもだいたい2万は飛ぶ。ひとり1万5千円のコース料理をせがまれた日には3万円也である。さらにボトルワインまでいかれたら、オーマイゴッドである。

 ここでむかつくのは、キャバ嬢自身がかなり高級店に詳しくて、「寿司ならどこそこ、焼肉ならあの店、ふぐならこの店ね」と、うむもいわさぬ勢いで店指定をしてくるところである。目の前で勝手に店に予約を入れるツワモノキャバ嬢もいる。どんだけいろんな客に飯をたかってるんだ?と呆れるが、キャバ嬢としては、店外デートしたなら客の金で高額料理を腹いっぱい食べなければ絶対に納得できないそうだ。まさに食鬼である。キャバ嬢が指定する店以外の店に行くには、それを上回る高級店でなければならないという面倒な暗黙の掟というものがある・・・。


0314fujiwara_sushi.jpg

しかも「えっ?」っていうほど、よく食べるのである