>  > なぜ「週刊文春」は特ダネを連発出来るのか? 今、掴んでいるスクープは!? スポーツ紙&週刊誌記者が登場!

なぜ「週刊文春」は特ダネを連発出来るのか? 今、掴んでいるスクープは!? スポーツ紙&週刊誌記者が登場!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 そのほか、坂上が『バイキング』の全曜日の司会に決定したことを、フジテレビの公式発表より先にスクープした小谷野氏は「14年のお正月の時に、坂上さんを、お忙しい中インタビューさせていただいた」「その直後に、坂上さんが月曜日の『バイキング』の司会をやるというのを、ライバル紙に抜かれてしまった」と話し、「抜かれたら抜き返す」の精神で情報を張っていたところ、一年後に「どうやら『バイキング』の月~金を坂上忍がやるらしい」との情報が入ってきたと説明。小谷野氏はすぐにフジテレビ関係者に取材を行うも、なかなか口を割ってくれなかったそう。そこで、『バイキング』のチーフプロデューサーを直撃したところ「絶句」され、怪しさが増したんだとか。その後、フジテレビ以外のパーティーに行った際に「坂上さんが月~金やるしか決まってなくて大変みたいよ」との証言をゲットし、裏付けが取れたと語った。

 小谷野氏の話を聞いた坂上は「(当時、フジテレビから)発表まで言わないでくれってずっと言われるんですよ」と、口止めされていたことを告白。実際には前年の秋頃になんとなくのオファーがあり、正式には12月に決まっていたとのこと。小谷野氏はテレビ局の人間の情報を得るため、「普段密接に付き合ってる」「仕事の話もするし、ご飯食べたり、お酒飲んだり、それこそ合コンしたりしてパイプを作ってく」といった努力を重ねているそうだ。

 この話について、CM明けには榎並大二郎アナウンサーから「改めてになりますけれども、坂上さんが全曜日担当するというこの情報をですね、当番組のチーフプロデューサーが情報漏えいしたという事実はございませんので」と、"ニュース風"のフォローが入った。

 その後、岩尾から記者陣に対して「一般の方からのタレコミは買い取るの?」との疑問が投げかけられた。橋本氏によれば、ネタによりけりだが「タレコミの相場は情報のみだと3万円、写真付きであれば最高5万円」とのこと。一方、小谷野氏は「そういうお金はない」「ネタはお金以外のことでとってこい」といった日刊スポーツの方針を明かしつつ、「個人的には、もしも完璧なスクープくれたら、ポケットマネーで出したい気持ちはすごいあります」と話した。また、ゲスト出演者のモデル・梅宮アンナがネタのルートを尋ねると、橋本氏は「電話」が多いと回答。そんな梅宮はタレント・羽賀研二との交際で世間を騒がせていたが、すでに廃刊になっている「FOCUS」(新潮社)の記者と仲が良かったといい、掲載する写真を選別させてもらったり、"マイルド"な記事にするように交渉していたと明かした。