>  > なぜ「週刊文春」は特ダネを連発出来るのか? 今、掴んでいるスクープは!? スポーツ紙&週刊誌記者が登場!

なぜ「週刊文春」は特ダネを連発出来るのか? 今、掴んでいるスクープは!? スポーツ紙&週刊誌記者が登場!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 続いて、「今までに掴んだ1番のスクープ」のテーマでは、まずは13年8月発売の「週刊文春」に掲載された「CHAGE and ASKA・ASKAの薬物事件」の話に。これは当時同誌の記者だった中村氏によるスクープで、記事にはASKAの薬物依存や、彼が実際に覚せい剤を吸引している盗撮ビデオの存在など衝撃の内容がつづられていた。翌年、ASKAは覚せい剤取締法違反で逮捕されたが、その発端となったのが中村氏の記事だという。

 中村氏は「まず記者っていうのは直感が優れてるんですよね」と話し、当てにならない情報の中で、スクープになりそうな情報は"光って見える"とキッパリ。中村氏が「ひょっとして」と感じたキッカケは、CHAGE and ASKAが長い休養をとっていたこと。その後、活動再開と告知していたにも関わらず、急な体調不良でまたしても休みに。そこで「何かあるぞ」と直感が働いたと話す中村氏に、スタジオは驚きの声を上げた。とはいえ、その先で「覚せい剤」に辿り着いたのはたまたまで、何があるのか当初は分かっていなかったそうだ。

 そこからさまざまな情報を手繰り寄せ、薬物の情報が浮上。初めは信じられなかったそうだが、「どうやら薬物を吸引しているビデオがある」との情報をキャッチ。その情報は内部告発ではなく、中村氏が日頃付き合いのあるネットワークの中を当たって得たという。中村氏の情報網に、出演者は感心するばかりだった。

 中村氏が記事にした後、結局ASKAは逮捕されたが、スクープから逮捕に至るケースは史上初のことだった。警察はこの情報を元に動き始めたというが、このパターンは今年2月に覚せい剤取締法違反で逮捕された元プロ野球選手・清原和博容疑者も同じ。清原も14年に「週刊文春」が薬物疑惑を報じた後、今回の逮捕に至ったという背景があったのだ。

 このスクープについて、小谷野氏は「とても素晴らしいと思います」と称賛し、「『文春』さん、木曜日が毎週発売なんですけど、水曜日にマスコミ業界に"早刷り"というのが出てくるんで、水曜ってのはいつもどこに取材でしてても、今週の『文春』何やってるんだろうと気になってます」と、率直な気持ちを述べていた。