>  > なぜ「週刊文春」は特ダネを連発出来るのか? 今、掴んでいるスクープは!? スポーツ紙&週刊誌記者が登場!

なぜ「週刊文春」は特ダネを連発出来るのか? 今、掴んでいるスクープは!? スポーツ紙&週刊誌記者が登場!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 和やかな雰囲気で始まったが、ここからは記者たちの取材の裏側に迫る。まずは坂上が「なぜ『週刊文春』はスクープを連発するの?」という疑問をぶつけた。続けて「だってもう今年に入ってから顕著で、大ネタはすべてと言っていいほど『文春』さんじゃないですか。いろいろ僕らもこういう業界なんでウワサは入ってくるんですけど、何で本当のところは『文春』ばっかりがこういうネタ掴めるんだっていうのは知りたいんですよね」と不思議がると、中村氏は「大きな理由3つあるんですよね」と切り出し、「まず1つはですね、必要な経費、取材費はケチらないっていうこと」と話した。「文春」では迅速な動きを優先し、現場に駆けつけるタクシー代などもケチらないそう。そして、2つ目に「経費をちゃんと使えるから、優秀な記者がですね、いろんな他のメディアからも集まってくる」ことを挙げ、3つ目に「会議が結構すごい」と語った。

 中村氏によれば、「週刊文春」は毎週木曜日に「プラン会議」を行っており、1人の記者につき5本のスクープネタを持って参加するとのこと。徹夜でネタを集めることもあるが、編集長やデスクなども同じように持ち寄るため、「毎週250本のネタが集まってくる」という。最終的には編集長がジャッジするものの、急にニュースが入ってくればそちらに切り替えるなどの対応を行うとか。

 ここで、木曜レギュラーのタレント・薬丸裕英が、「ここ最近すごい(スクープを)連発してるのは、編集長の方が新たにまた戻ってきたっていう......」と発言すると、坂上も「聞いた!」「敏腕の人が(戻ってきたって)」と同調。これに対し、中村氏は2015年に話題になった「春画騒動」(「週刊文春」に掲載された日本美術・春画について、同出版社の松井清人社長が問題視し、編集長に休養を命じた騒動)を挙げ、「それで3か月間休養していて、それで戻られたんですよね。その間に溜めてたネタとかですね、そういうのもあったと思う」と、同誌がスクープを連発している理由を解説した。