>  > 飛び交うタオル! 「あの国民的有名アーティストを警護しました」
俳優志願四十代独身の日雇い日記

飛び交うタオル! 「あの国民的有名アーティストを警護しました」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優志望の中年日雇いバイトマイスターが様々な日雇いバイトの驚愕の現場をレポート。今回はなんと超有名ロックアーティストの警護だ!


2月某日(金曜日)


今日は都内某所のイベント会場にてライブの警備をしてきました。幸いにも静かめ系アーティストだったので、滞りなく終わりました。もう一度書きますが、「幸いにも」にも、です。

これが、ラウド系のバンドだったら大変ですから!客は飛ぶは跳ねるわの大騒ぎで、それを捕まえる通称『ダイバーキャッチ』という苦行が待っていますから!

しかし、ライブ関係の日雇いバイトで一番、気を使うのは、某大物アーティストの身辺警護でしょう。

"世界の○○"

ということで、よく知られたお方です。

実は、彼のライブの仕事は、今までに何度か経験しています。

まず、このお方のお仕事の依頼は、最初の数回は派遣会社からのメールでは、『警備業、スーツ着用で○時に△△に集合できる方限定』的で、詳細は分かりません。しかし、日雇いバイト生活が長くなると、警備業でスーツ着用となると、要人関係か、有名アーティスト関連だと分かります。

私の場合、数回、このように依頼を受け、ありがたいことに仕事が評価されたのか、現在は、主催者さんより直々に指名を受けるようになりました。

budokan-1.jpg

アーティスト警護は非常に気を使う※写真はイメージ

ちなみに、初めて採用されると、一番最初にやらされるのが、会場周辺の警護です。このアーティストの場合は某日本○道館の周辺の植え込みの一つ一つ、爆破物が仕掛けられていないかをチェックするのです。

まぁ、基本的にそのような物はありませんが、犬の糞や使用済みコンドームの数といったら!武○館で青姦か!思わず、ライムを繰り出しました、彼はラッパーじゃないのに。

ちなみに、このお方はのファンは、噂通りに元暴走族などのヤンチャな人が多いです。このお方の、ある曲では客席でタオルを高く放り投げるアクションがおなじみです。このタオルを使って、列に並ぶために場所取りをする人がいるんですよ!全席指定席なのにですよ?まぁ、いち早く会場に入りたいということでしょうけど、主催者より禁止されていることなので注意します。しかし、


相手が相手なだけに恐いんです......


元暴走族っぽい人ばかりですからね、殴られそうで......。