>  > 映画『テラフォーマーズ』の現場の様子を三池監督が暴露!「山Pはずっと"フルチン"」「結構なモノでした」
R-ZONEテレビっ子通信

映画『テラフォーマーズ』の現場の様子を三池監督が暴露!「山Pはずっと"フルチン"」「結構なモノでした」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0320teraformer.jpg

映画『テラフォーマーズ』告知より

 俳優・伊藤英明と映画監督・三池崇史が、3月16日放送の情報番組『PON!』(日本テレビ系)にVTR出演。映画『テラフォーマーズ』(4月29日公開)の一部内容について衝撃告白した。

 伊藤が主演を務める『テラフォーマーズ』は「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載中の人気マンガを実写化した作品。"ある生物"がヒト型に進化した「テラフォーマー」と、火星に送り込まれた15人の日本人が激しい戦いを繰り広げるアクションエンターテイメント。伊藤のほか、武井咲、山下智久、山田孝之、小栗旬、篠田麻里子ら豪華キャストが出演している。

 16日放送の『PON!』では、お笑いコンビ・相席スタートの山添寛と山﨑ケイが伊藤と三池監督にインタビュー。さっそく山添が「キャストの方も素晴らしく豪華ですけども、共演者の秘密は?」と2人に質問すると、三池監督は「映画の後半、終盤、山Pは"フルチン"です」と、暴露。隣の伊藤は監督の突然のぶっちゃけ発言に爆笑し、山﨑は「スゴイ朗報じゃないですか!」と、大興奮。