>  >  > ラブホ従業員にこっそり聞いた「一番困るのはこんなお客」
ラブホ従業員はミタ 第三十七夜

ラブホ従業員にこっそり聞いた「一番困るのはこんなお客」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

困るのは○○のお客様です

 ごきげんよう、大塚です。

 「ラブホで困ったお客さんて、どんなのです?」
 先日、編集者さんに聞かれました。

 まあウチのスタッフに聞こうものなら、
「廊下やエレベーターでイチャイチャするヤツ」から始まり、
「トイレ以外のところでウン○するヤツ」
「ゲロするヤツ」
「ローソクを床にたらすヤツ」
「使ったバイブや縛ったロープを放置して帰るヤツ」
「シャンプーとかのアメニティを全部持って帰るヤツ(お持ち帰りOKの物であっても補充しないとダメなので許せないそうです)」
「備え付けの灰皿やカップやスプーンを盗むヤツ(誰が使ったかわからないものをよく使えるなとか、そういう意味だそうです)」「シーツを汚すヤツ(特に生理)」
「夏場にエアコンを消して帰るヤツ(お掃除の時に暑くて死にそうになるので)」
「風呂の湯を抜かないヤツ(結露がすごいとお掃除がタイヘンなので)」
「ゴミをゴミ箱以外の場所に放置するヤツ(使用済みタンポンやケーキの箱や空き缶などですね)」
「ワキガや足クサのヤツ」
「匂いの強いタバコを吸うヤツ」
「部屋を汚すヤツ」
などなどまさに枚挙に暇がありません。全部挙げてたら一晩くらいかかるのではないかと思われます。

 でもね、「汚い」のはけっこう慣れるんですよ。もともと大塚は生まれた時から実家に猫がいたこともあり、ウンゲロとかはわりと平気です(決して好きというわけではありませんが)。