>  > ショーンK氏の整形疑惑を検証! 美容クリニック院長「この鼻は明らかに高くしている」
R-ZONEテレビっ子通信

ショーンK氏の整形疑惑を検証! 美容クリニック院長「この鼻は明らかに高くしている」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0320shonk.jpg

「とくダネ!」(フジテレビ)出演時のショーンK氏

 3月16日放送の情報番組『ゴゴスマ - GO GO ! Smile ! -』(TBS系)が、ショーン・マクアードル川上氏の"学歴詐称"疑惑を特集。現在の顔に高校時代の「面影がない」とされる整形疑惑にも切り込んだ。

 ショーン氏は経営コンサルタント業の傍ら、情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)や『報道ステーション』(テレビ朝日系)などにコメンテーターとして出演。4月からスタートする平日夜の報道番組『ユアタイム~あなたの時間~』(フジテレビ系)にも出演が予定されていたものの、3月16日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、ショーン氏の学歴詐称疑惑を報道。本誌の発売に先駆け、15日には自身の公式サイトで公開していた英文履歴書に間違いがあったことを謝罪した上で、出演中のテレビ、ラジオなど計6番組の出演自粛を発表した。

 1968年3月21日にアメリカ・ニューヨークにて生まれ、父はアイリッシュ・アメリカンジャパニーズのハーフ、母は日本人でクォーターといわれるショーン氏。11歳で日本に転居し、高校卒業まで過ごした後、アメリカに戻って大学学位取得、留学などを経て経営コンサルティング会社を設立。国内外企業の戦略コンサルティング、事業再生、地方自治体などへのアドバイザリーサービスに従事する一方、FMラジオDJをきっかけに"イケメンすぎるコメンテーター"としてさまざまなメディアで活躍した。

 さらに学歴の詳細については、高校卒業後にアメリカへ渡り、ペンシルベニア州のテンプル大学で学位取得、パリ第一大学に留学と公表。加えてハーバード・ビジネス・スクールでMBA(経営学修士)を取得したエリートだとされていたが、ショーン氏は「週刊文春」の取材に対し、これらの学歴について自ら説明。たとえばパリ第一大学に関しては「オープンキャンパスの中で経済・経営だけ聴講したんです」「学校に入ったわけではないです」などと話しており、いずれもサイトに記載していた事実とは異なることが判明したのだ。

 16日の『ゴゴスマ』では「昨日まで把握されていたもの」と前置きした上で、前述の経歴を「ショーンKの華麗なるプロフィール」と題して紹介。番組MCでCBCアナウンサーの石井亮次は『報道ステーション』などでのショーン氏のコメンテーターぶりについて「"わぁ~、すごいな"って、僕普通に思ってました」と、率直な感想を口に。水曜レギュラーでお笑いコンビ・ニッチェの江上敬子が「"盛っちゃった"ってことですよね」とコメントすると、ゲストで作家・元長野県知事の田中康夫氏は「だけど、ちょっとホント、頭の中をMRIかCT(スキャン)で見てみたいですよね。こんな妄想が通用すると思ってたってのは......」と、不快感をあらわにした。