>  > 山口祐二郎が熱心な「日本共産党の党員」と会って、日本の将来について語り合ってきた
憂国我道会・山口祐二郎の「行動する若者たち」シリーズ

山口祐二郎が熱心な「日本共産党の党員」と会って、日本の将来について語り合ってきた

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本共産党」は1922年に結成された歴史ある政党であり、現在、民主党に次ぐ勢力の野党である。昨今の国会では、与党自民党と共産党の議員は激しく闘っている。「安倍政権は憲法違反の"戦争法制"を強行採決した」と厳しく批判している。「安保法制は、アメリカの戦争に自衛隊が武力を持って参加する戦争法案だ」と怒っているのだ。当然、大きな組織なので、党の規則もそれなりに厳しいだろうと思っていたのだが、驚くべき男がいた。腕章を付けた選挙スタッフなのにも関わらず、パンクス風の青年である。名前はケンケン(32歳 派遣社員)。うさん臭すぎる見た目なのに、日本共産党の党員である。何なんだこの男は......。というわけで、そのケンケン氏にインタビューをさせていただいた。(山口祐二郎)


傍聴すると、わかることがある


──(山口)ケンケンさんはいつから共産党の活動を始めたかを聞きたいです。ケンケンさんは共産党の党員ですよね。いつから、どんなきっかけでなったのですか?

ケンケン 僕は親が熱心な共産党の党員なんです。なので、その関係で小さい頃からですね。でも、本格的に活動し始めたのは2013年。2年前ぐらいからですね。

──どんな活動をしてきたのか、くわしく教えていただけますか。

ケンケン 共産党のものをはじめ、色々な勉強会に参加しました。あと、都議会や区議会の傍聴ですね。議会ではいまだに女性差別があるんですよ。

──以前も東京都議会で自民党の議員が、女性議員に「早く結婚したほうがいいんじゃないか、産めないのか」と野次を飛ばしたことが問題になりましたね。

yamaguchiyujiro_20160311_01.jpg

2014年6月18日の東京都議会本会議場で、妊娠や出産に悩む女性への支援策について女性議員が質問していた際に、「自分が早く結婚したらいいじゃないか」などのセクシャルハラスメント的なやじを飛ばしたことで有名な鈴木章浩議員のブログ(リンク

ケンケン そうなんです。ああいった大騒ぎになってニュースになることは少なくて、そういったことがよくあるんです。特に地方議会に多い気がします。女性差別は、明確なセクハラ(セクシャルハラスメント)で、許されないことだと思います。

──言論と理性の場である議会で、女性差別とか酷いですね。

ケンケン 議会の議論にも、与党の議員は全然集中していませんね。昨年の安保法制を通す、通さないの議論もそうでしたが、自・公は余裕たっぷりで、私語をしていて人の意見を聞く気も感じませんでした。これは最初から安保法制を通すという、安倍内閣の影響でしょうね。

──出来レースというやつですか。議会なのにそれはあんまりだ。

ケンケン 議会の傍聴みたいなことをしてきましたが、自分はやはり現場(デモ)が好きですね。街頭の活動では、最初の頃は原発反対や国防軍反対のデモに参加しました。それからは共産党の活動以外でも、自分が共感できる部分があれば行くようになりました。米軍基地反対、TPP反対など色々な活動に出ています。学習会や傍聴などより、表に出て活動をやりたいです。