>  > 看板番組「SMAP×SMAP」にみる、"SMAPは死んだ"という意味
R-zoneニュースワイドななめ読み

看板番組「SMAP×SMAP」にみる、"SMAPは死んだ"という意味

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 確かに、木村の裏切り行為は許せない!という声が謝罪会見後に増えてはいるが、そうはいってもファンにとってのSMAPとは、5人そろっての姿だと言える。騒動によってSMAPのファンを止める、という声はほとんどなく、むしろファンとして今だからこそ、そしてこれからも今まで以上に声援を送っていかなければ...という声が強い。

 ネットでは、5人そろったSMAPへの再評価と期待から、黒幕とされているメリー副社長に対し「思い知ったか!」という声も上がっているようで、恐らく今後は、ジャニーズ事務所のSMAPというより、SMAPが所属しているのはジャニーズ事務所という意識が再構築されていくのではないだろうか。

 しかしこの構図は、メリー副社長が描いた青写真のとおり...という感じがしてならない。結局のところ、騒動は起こしたものの一番ジャニーズ運営サイドにとって良い形で収まったという訳なのだろうか。

 もうすでに一般スポーツ紙メディア、TV業界でも何もなかったかのように、話題にさえ登らない。ベッキー不倫騒動や清原覚せい剤逮捕と芸能界を揺るがす事件が立て続けに起きたとはいえ、そのように牛耳っているのがジャニーズという事務所なのである。

 ジャニーズのファンクラブ会費は入会金1000円を除くと年会費4,000円。2015年3月時点でのSMAPファンクラブ人数は、99万5千人、約100万。単純に見ればざっと年間40億円が入ってくる計算だ。嵐の会員数約182万人とは約ダブルスコア(年間72億8千万)ではあるが、まだまだ美味しい実である。


(文=花の道六波羅)

lsmapsmap0208_2.jpg