>  > 石川県出身、声優志望の青年が在特会に入った理由、辞めた理由
憂国我道会・山口祐二郎の「行動する若者たち」シリーズ

石川県出身、声優志望の青年が在特会に入った理由、辞めた理由

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘイトスピーチをやめてメイド喫茶に行こう!


yamaguchiyujiro_zaitokukai_20160218_02.jpg

ゴキゲンにOZAKIを熱唱する山口さん YOUTUBEより

──ところで、声優にはならないの?

冨成 ああ、学校は辞めたよ。新聞奨学生も辞めたから、新聞配達もしてない。『男組』との件で逮捕されたのもあったからね。

──2013年11月に男組との乱闘で麹町署に逮捕をされてるね。全国ニュースで名前も報道をされたけど、どうだった? 仲間からの支援はあった? 親御さんもびっくりして心配したんじゃない?

冨成 別に。

──いま、仕事は何をしてるの?

冨成 新聞奨学生を辞めてからは、活動の知り合いの仕事を手伝ったりしてたけど、最近辞めちゃった。今、無職なんだ。来月から短期のバイトをする予定。2ヶ月ぐらいのバイト。

──お金は大丈夫?

冨成 ヤバイよ。家賃滞納してるし。追い出されるかも。どうしようかな。

──そりゃ、活動どころじゃないね。

冨成 活動も辞めるよ。今、芸能事務所に入っているんだ。俳優を目指してる。事務所に活動してることがバレちゃって、辞めろって言われてる。

──厳しいんだね。

冨成 それなりの事務所だからね。事務所の言うことは絶対だからさ。きっぱり活動を辞めるよ。俳優で成功するさ。

──それに対して一緒に活動してきた仲間たちはどう思うかな? 残念がるんじゃない?

冨成 戦力が1つ減ったとしか思ってないよ。他にも戦力はいるさ。

──仲間って、そういうものと違うんじゃないかな?

冨成 俺がいなくなったって、誰も何とも思わないよ

──芸能事務所では、どんなことしてるの?

冨成 週1回、夜に稽古をしてるよ。

──役は貰ったりするの?

冨成 少しはね。これからだよ、これから。有名人がレッスンに来たりするんだ。刺激受けるよ。

──頑張ってるんだね。事務所のみんなで飲み会とかはあるの?

冨成 よくあるね。

──面白い?

冨成 うん。充実してる。

──出会いも多いでしょ。彼女はいるの?

冨成 できないね。彼女欲しい。何か話が合わなくてね。

──じゃあ、もうヘイトスピーチしてないわけだ。

冨成 してないよ。でも、在特会の飲み会ぐらいは参加するかも。

──大丈夫? また在特会に戻らない?

冨成 事務所に言われてるから活動にはでないよ。今は本当に俳優で頑張りたいんだ。

──差別をする活動から離れるのは良いけど、今までヘイトスピーチをして傷つけた人のことをどう思う?

冨成 もう出ないから良いでしょ。

──そういう問題じゃないよ。

冨成 悪かったと思ってるよ。あのさ、この後、メイド喫茶行かない?

──行かないよ。そんなお金ないだろ?

冨成 5百円で居られるよ。

──それより家賃を払いなよ。そして差別して傷つけてきた人のこと考えて、反省しろよな。

冨成 分かったって。

──国会ではヘイトスピーチを規制する法律が審議されているし、多くの逮捕者を出してきた在特会は脱退者も沢山出て下火になっていると感じるんだけど、冨成が辞めるのはそういう流れとは関係ないのかな? 自分の居場所を、下火な在特会から、芸能事務所に変えたいのもあったんじゃない?

冨成 そんなことないよ。もういいから。


 私は終始、この青年、冨成にいら立っていた。在日朝鮮人というマイノリティーの心をえぐるヘイトスピーチをしてきたのはもちろんのこと、在特会の活動は離れるにあたって、それまでやってきたことの責任を感じて反省する姿勢があまり見えなかったからだ。

 冨成が活動を辞めても、傷つけられてきた方々の心の傷は癒えない。被害者に何の謝罪もなく、自分の俳優になりたいという夢に邁進している。あまりにも、自分本意すぎやしないだろうか


(取材/文 山口祐二郎)




山口祐二郎
1985年、群馬県生まれ。歌舞伎町ホストなどを経て、新右翼「統一戦線義勇軍」幹部に。2007年に防衛省襲撃事件、2012年に東電会長宅前断食断水ハンストを起こし脱退。現在は、「全日本憂国者連合会議」議長、「憂国我道会」会長。作家・活動家として活躍。 著書に『ハイリスク・ノーリターン』(第三書館)、『奴らを通すな!』(ころから)がある。
山口祐二郎公式ツイッター https://twitter.com/yamaguchiyujiro


※サムネイル写真は冨成さんが主催したデモの映像です YOUTUBEより