>  > 鶯谷から消えたコリアンデリヘル嬢はここにいた!

鶯谷から消えたコリアンデリヘル嬢はここにいた!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数年前までは活発であったコリアンデリヘルだが今は見る影もない。お隣の国から出稼ぎに来ていた彼女たちは果たして帰国したのか?いやいや実は意外な形で今も働いているのだという......。

コリアン風俗嬢は絶滅したのか?


風俗業界にも流行りというものがあり、約10年前の一時期、雨後の筍のごとく次々にオープンしたのが韓国デリヘルを始めとするアジアン系の派遣風俗店だ。

その"聖地"ともいえたのが東京都台東区の鴬谷であり、駅前の待ち合わせ場所には日本語よりもハングルが飛び交っていたほどである。

また、町を行き来する女性も韓国出身と思われる人が多く「鴬谷を拠点とするデリヘルの7割がコリアンデリ」と言われていたほどだ。

このコリアンデリヘルは、まず、独特の加工を施したプロフィール写真が挙げられる。不自然なほどの美肌に大きな瞳に、当初は「こんな韓国美人が来るのか!」と思わされたものだ。しかし、実際に派遣されるのは......。

当然のことながら、トラブルに発展すると、日本語を理解できないと言い張るなど、問題が絶えない事実もある。

また、元々、鴬谷で商売をしていた日本人女性との抗争があったとも聞く。

その結果だろうか。現在の鴬谷は、コリアンデリヘル隆盛時の面影はなく、駅周辺のホテル街を歩いていても彼女たちと遭遇することは滅多にないし、店自体も「今じゃあ数えるほどで10軒も無いのでは?」(某風俗情報誌編集者談)

koreaderi-1.jpg

彼女たちは夜の街から消えたのか!?※写真はイメージ

それは、氏いわく「8年前の風俗情報誌の広告のクライアントの70パーセント近くがコリアンデリヘルを始めとするアジアン系風俗店でした。しかし、今は広告を出しているのは3、4軒程度」とのこと。

それでは、そのコリアンデリヘルで働いていた韓国人女性は、どこへ消えたのだろうか。やはり、帰国してしまったのだろうか。結論を先に言えば

実はまだ、鴬谷に残っているのだ。

それは、一ヶ月前のある日、私が鴬谷の"人妻デリヘル"で遊んだ時のことだ。指名無しのフリーであれば格安になるシステムだったので、そのようにした。

やって来た女性が明らかな整形顔であり、日本語がカタコトだ。しかも、こちらの言っていることも理解できない様子だ。明らかに韓国人女性である。

もちろん、彼女自身に問題はない。しかし、私は解せない。それは、あくまでも『人妻店』を選んだわけであり、不倫気分などのシチュエーションを楽しみたかったのだ。そのためにはコミュニケーションは不可欠だ。

件の彼女は「早く始めて、とっとと終わらせましょう」的な雰囲気を出している。私が店に電話しようとすると、それを察したのか、慌てて服を脱ぎ、私の服を脱がせてきた。かなり強引だ。

シャワーもそこそこにベッドでは適当な手コキからの大雑把なフェラという思い出したくないような流れから股を開いた彼女......。まるで、往年のコリアンデリヘルの流れそのものだ。

コトを終えて、そそくさと部屋を出ていった彼女の背中を見ていたら、フツフツと怒りが沸いてきた。

もちろん、クレームの電話を入れると、能天気に「あ、お客様、いかがでしたかぁ?」と言ってきた。よけいにカチンときたのは言うまでもない。

まず、なぜ、韓国人女性を派遣するならば派遣するで、その旨をつたえないのか? 単刀直入に伝える。