>  > 【緊急レポート】恐怖の春節! 爆買春ツアーで、日本人女性が嬲りものにされている!
2016年緊急レポート

【緊急レポート】恐怖の春節! 爆買春ツアーで、日本人女性が嬲りものにされている!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近口コミで話題の勃起薬MACEを入手し、かつての硬さと漲る自信を取り戻しつつある風俗ライター・黒ムツ先生から衝撃の情報がもたらされた。これは日本人女性風俗嬢への緊急メッセージでもある。


爆買春ツアー"報仇旅行"は日本人への復讐に満ちていた

bakugai_image1.jpg

bakugai_image2.jpg

今年も爆買い現象は健在だ(写真はイメージです)


 昨年の流行語大賞を受賞した"爆買い"
 もちろん中国人富裕層による物品の大量購入を指しての言葉だが、実は、その波が風俗業界にも及んでいて、今こうしている間にも、日本人女子とヤリたいエロ中国人が続々と来日しているのをご存知だろうか。
 
 風俗歌舞伎町のデリや吉原の高級ソープはもちろん、マニアしか知らないような地方都市の風俗店にまで、片言の日本語を操る金満支那人がわんさか押し寄せているのだ。私が築きあげた日本各地の風俗愛好家ネットワークからも続々と情報が寄せられている。

 しかしながら単に女を買うだけならば、東南アジアの方がずっと安いし(例えばバンコクの売春婦の場合、本番の相場は1200~2200バーツ(1バーツ約3.3円)といわれている)、政治的な影響力を背景にしてデカい顔も出来るのに、果たしてなぜ彼らはわざわざ大枚をはたいて純和風マ○コを犯しにやってくるのか? 

 そのわけを上海在住の某有名商社に勤務するA氏(アナル好き。オナニー時に妄想する芸能人は小●真奈美)が解説してくれた。

「中国では日本での風俗体験ツアーのことを"報仇旅行"と呼んでいます。"報仇"とはズバリ"復讐"という意味。つまり、"先の大戦の恨みを晴らすべく小鬼子(読み方:シャオクイツ。日本人を侮蔑を込めて呼ぶ言い方)のオメコをブチ犯したろうやないけ!"ツアーということ。AVなどの影響もあり、彼らにとって日本の女の子のオマ○コは、愛憎半ばする、いわばもっともサディスティックで倒錯的な興奮を呼ぶ存在なワケです」

 なんたる恐怖! マナーが悪いとか何とか言ってる場合じゃなかったのだ! 奴らはまるで一騎当千と称される関羽雲長が如く、下半身の青龍刀をブンブン振り回して日本に乗り込んでくるのである。迎え撃たなければならない風俗嬢は大変だ!