>  > 現役AV女優が在籍する超高級デリヘル その実態

現役AV女優が在籍する超高級デリヘル その実態

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たびたび広告などで目撃する超有名AV女優在籍の店。そのド派手な広告の裏側に隠された真実を暴く!


高額風俗店に予約を入れてみた


年々、業界全体の売り上げが下降線を描いている風俗業界。要因は様々であるが、興味深いことに"ある点"においては二極化しているようなのだ。

それは価格である。

30分コースとはいえ3,000円台の店は珍しくないし、ソープランドでも40分で総額7,000円というところもある。

そして、その逆の高額店も存在する。たとえば、ソープランドの高級店が大10枚以上というのは聞いたことがあるのでは。そのサービス内容を考えれば納得もできる。

しかし(表向きは)本○の無いデリバリーヘルスにも高級店というものが存在している。驚くことに2時間で大20枚、つまり、福沢諭吉が20人必要な店がある。改めて書くが、ソープではなくデリヘルなのに、だ。

正直なところ気になって仕方がない。

たとえば、私としては「どのような女性が派遣されるのだろう?」といった点が一番気になる。そして、大抵がそのテの高級店は"現役AV女優在籍"とか"芸能プロダクション提携"といった謳い文句が躍っている。......本当なのだろうか?

「これは潜入するしかない」

koukyufuzoku-1.jpg

電話してみたのだが......※写真はイメージ

元来の好奇心が疼いた私。実はギャンブルであぶく銭を手にしたことで強気になっていただけなのだが。だからといって、件の20万円デリヘルは予算不足だ。したがって、その半分の某10万円デリヘルに電話をしてみた。

すると......電話に出ないのだ。

鳴ることは鳴るのだが、一向に電話に出る気配が無い。それならばと他の10万円デリヘルにコールしてみる。

「はい、もしもし......」

今度は出た。プレイしたい旨を伝えると、先方は丁寧かつ、どこか疑念を抱いた感じで「当店は高級デリヘルでして......」を繰り返す。要は「アンタ、本当にこの料金を払えるの?」といった雰囲気が受話器越しに分かる。

しかしながら「当店の在籍女性は現役のタレントのため、スケジュールの都合で、あいにく、現在、ご案内できません」と一方的に切られらた。

......どういうことだ?と、思っていたら、ケータイに登録していない番号からの着信が......。出ると

「先ほどは申し訳ありませんでした。あいにく、他の電話の対応をしておりまして......」

と、妙に下手に出るような感じで話してきた。最初の店のスタッフだ。

こちらの意思を伝えると、もちろん「当店は高級店でして......」と切り出す。その声はやはり、「本当に払えるの?」という本音が秘められていることが一目瞭然だ。

もちろん、払うことができるから電話したのですがと少し強めに主張すると、「当店の女性は普段はイベントコンパニオンやCAといった別の職業を持っておりまして......」と言い出した。つまり、先ほどの店同様に今スグの女性の用意は無理だという。

そう言うのであれば、いつであれば用意できるのだ?あえて、そこを突っ込んで聞くと、なぜか先方は開き直った感じで「実はですね、当店には、当店に相応しい女性を育成するためのお店もありまして......」と話し始めた。