>  > LINEだけでなくSNSの情報は全てモレる! 芸能通の敏腕弁護士が警鐘を鳴らす!

LINEだけでなくSNSの情報は全てモレる! 芸能通の敏腕弁護士が警鐘を鳴らす!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セキュリティー万全をうたうことが次代のSNSビジネス?

 タレントのベッキーとゲス極。ボーカル川谷との不倫騒動は、LINE画面の流出が決定打となったと理解できるが、それが人ごとではないことを、SMAP草なぎの弁護を行った芸能界といえばこの人!といえる敏腕弁護士が警鐘を鳴らしている。

 それは「矢田弁護士」。前述したとおり、2009年に草なぎが泥酔で逮捕された時に弁護しており、釈放された時の記者会見の際にも同席していた。さらに矢田弁護士は吉本興業も担当しており、自他ともに認める芸能通弁護士だ。

 今回、矢田弁護士が警鐘を鳴らしたのは、芸能界に向けてではない。彼は2月1日に開かれたプロ野球球団「西部ライオンズ」のコンプライアンス研修に講師として登壇。その際、ベッキーの名前を実際に出して「LINEに限ったことではなく、SNS(ソーシャルネットワークサービス)は全て、必ずバレると思って使用すること」と断言したという。

 矢田弁護士の得意とするのは、企業に向けての危機管理対策や防衛対策等であり、講演にはマスコミ対策についての内容も多いという。彼の講演内容を協力に裏付けるかのように、芸能界では非常に有力な弁護士なのだ。

 その彼が「必ずバレる」と言っているのだから、然るべき手段を用いればSNSの内容は筒抜けになることは間違いない。今回は、たまたまベッキーがターゲットになってしまったというのか。

 SNSは、個人が発信源となり様々な情報を世界中に出せるため便利ではあるが、ひとたび好ましくない情報が拡散されればすぐに止める手立てもないため、個人情報の保守という観点からすれば非常に恐ろしい道具だと言える。

 もしかしたら、川谷とのLINE以外にも裏の顔をのぞかせるSNS情報があるのかもしれないが、そんなチマチマと小さいことを報じるよりも、不倫内容だけで確実に一人の芸能人をどん底へ突き落としたことに、ネット社会の表と裏を改めて感じざるを得ない。

 ベッキーの後継者にはSHELLYや宮澤エマ、そしてなんと同じ不倫騒動で一度は芸能活動を休止した矢口真理が名乗りを上げているというから驚きだが、CM契約を行う企業側としては、今回のようなスキャンダルネタで対応するのは勘弁して欲しいという意向から、ベッキーとキャラは違ってもスキャンダルから遠く離れているタレントが好まれそうだ。

 しかし、矢田弁護士によれば、SNSを利用さえしていれば情報が流出する可能性があることになるので、芸能界で生きていくのであればどんな人物であってもターゲットにされることを覚悟しておいた方がいいだろう。


(文=花の道六波羅)

bekki_line.jpg

真実かどうかはともかく致命傷となったベッキーと川谷のLINE画像。これを盗み見、公開することへの公益性も含めて、いろいろな議論がされるべきなのだが。