>  > 田代まさし、ASKAも入寮したリハビリ施設「ダルク」の現状..."薬物をやめられない難しさ"
R-ZONEテレビっ子通信

田代まさし、ASKAも入寮したリハビリ施設「ダルク」の現状..."薬物をやめられない難しさ"

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フジテレビ系情報番組『めざましテレビ』(2月4日放送回)で薬物依存症リハビリセンター「ダルク」を訪れ、薬物依存と向き合う人々の生活や心境を取材した。

 元プロ野球選手・清原和博が覚せい剤取締法違反で逮捕――。2月2日、このニュースで日本中に激震が走ったが、芸能界の薬物騒動はそう珍しくないのが現状。昨年も女優・高部あいが麻薬取締法違反、元ZOOメンバー・坂井俊浩が覚せい剤取締法違反で逮捕、それ以前にもCHAGE and ASKAのASKAこと宮﨑重明や、元AV女優・小向美奈子なども覚せい剤取締法違反で逮捕されている。

 この日の『めざましテレビ』では「覚せい剤はなぜやめることができない?」をテーマに、茨城県結城市にある「茨城ダルク~今日一日ハウス~」を訪問。「ダルク」とは薬物依存からの社会復帰を支援する民間施設で、全国に85ヶ所存在する。2011年に覚せい剤所持で逮捕され、現在仮釈放中のタレント・田代まさしや、執行猶予中のASKAも社会復帰のプログラムを受けたという。

 そんなダルクの取材に訪れた永島優美アナウンサーは、寮長の石橋康さんの案内で施設の中へ。茨城ダルクには現在27人の男性が社会復帰を目指しながら生活し、取材時は全員で新聞の発送準備を行っていた。新聞の中には自分たちの活動記録が書かれており、これを親族や全国のダルクに配布するんだとか。石橋さんは作業場を見せ、「普段はミーティングに使ったりだとか、食事もみんなでここでとりますし、ここがメインの部屋みたいな感じ」と説明した。