>  > 2股のスペシャリストが、狩野英孝の"節操ない下半身"を分析
R-ZONEテレビっ子通信

2股のスペシャリストが、狩野英孝の"節操ない下半身"を分析

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『白熱ライブ ビビット』(TBS系)で、芸人・狩野英孝をめぐり繰り広げられている三角関係騒動に着目した。

 事の発端は1月下旬、歌手・川本真琴がTwitter上で「半年まえから彼氏がいます」「だ~れかな~。いったらまじでおこられる。やふートップっす」など大物芸能人との交際を示唆するつぶやきをしていたこと。また、「特定の人へメッセージです。わたしの彼氏をとらないでください」と恋敵の存在も明らかにしていた。

 そして2月1日付けの一部スポーツ紙が、川本の交際相手が狩野であることをスクープ。しかし翌日、モデル・加藤紗里がInstagram上で「去年の12月からお互いの事務所公認の上、狩野英孝さんとお付き合いさせていただいています」と公表したことで、事態は急展開を迎えた。さらに、加藤はInstagram上に川本の名前を出して「英孝からは川本真琴さんとゎ昔付き合っていたが半年前くらいからストーカー状態化になりつつあると聞いていました」と、暴露。両者の投稿は後に削除されたものの、ネット上の"女の戦い"は大きな注目を集めている。

 この騒動について、狩野が所属する「マセキ芸能社」は「プライベートなことは本人に任せています」とコメント。また加藤の所属事務所「01ファミリア」は、『ビビット』の取材に対して「仲良くさせていただいてるのは事実」と、改めて交際を認めたという。一方、川本はTwitter上で3日、「この度は、私の幼稚なツイートによりお騒がせすることになってしまい反省しています」とツイートしている。

 狩野をめぐる三角関係騒動はどうなるのか。そこで『ビビット』は、過去に三角関係で世間を騒がせたジャーナリスト・山路徹を直撃。山路はタレント・大桃美代子と婚姻関係にありながらも女優・麻木久仁子と交際し、大桃と離婚成立後に麻木と再婚したが、後に麻木とも離婚している。

 報道時は世間からバッシングを浴びた山路だが、今回の件については「実際、男が悪いんですよ、こういう話は。偉そうに言うなって話なんですけどね」と苦笑混じりにコメント。そして「真ん中に入っている狩野さんが、なかなか彼女たちの意向に応えられなくて、しびれを切らした女性たちがTwitterをしたと思うんですよね」「(狩野は)ちょっと優柔不断なところがあるのかなと」と分析し、「今回狩野さんに与えられた大事な使命というのはただ1つなんです。それはいかに2人のダメージが小さく収まるか、そのことだけを考えないと」とアドバイスした。

 スタジオでは、番組MCのTOKIO・国分太一がコメンテーターの千原兄弟・千原ジュニアに「ジュニアさん何か情報入ってないんですか?」と話を振ったが、「何にも入ってない。今初めて聞きましたけど」と苦笑い。ジュニアは芸人の間でも特に話題になっていないと言いつつも、「二股疑惑の川本真琴さんのデビュー曲が『1/2』っていうね」「そんな狩野英孝が"芸人"と"神主"の二股かけてるっていう」など芸人らしいコメントでスタジオを笑わせた(実際のメジャーデビュー曲は1996年発売の『愛の才能』)。

 また、川本や加藤のSNSを見ていたという弁護士・三輪記子は「リアルタイムの女同士のバトルみたいなのが、普通は見れないじゃないですか。それが全部見れてしまったから、見ていいのかなと思いつつ見てしまいました」と話し、「普通の人も乗っかってくるじゃないですか、Twitterってどんどん」「だからネットの世界で大事になってるなっていう感じはある」と印象を述べた。

 さらに、三輪弁護士は加藤が仕事先の海外から「緊急帰国」して「話し合いするっていう風に書いてはりました」と流れを説明。共演者らは、詳しすぎる三輪弁護士に思わず笑い出してしまったが、そこにジュニアが「ただ1つ言えることは、狩野は"イケメン"だということ」と狩野のネタを用いたコメントを投入。国分も「イケメンですね。"オーケー!"ですね」と狩野風に返してスタジオを盛り上げた。


(文=テレビマニア