>  > ベッキーはボランティア活動をしていた!? 休業に追い込まれたベッキーに新宿2丁目から擁護論が沸き起こるワケ

ベッキーはボランティア活動をしていた!? 休業に追い込まれたベッキーに新宿2丁目から擁護論が沸き起こるワケ

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲイ・ヒエラルキーの最底辺、キショガリとは?

 ついに休業にまで追い込まれたベッキーである。

 不倫ということの性質上、既婚女性を中心にバッシングが過熱したのは無理からぬこととも言える。しかし、ゲイである筆者には本当のところここまで叩かれなければならないとも思えないのだ。

 そう、実は新宿2丁目界隈ではベッキー擁護論が渦巻いている。

 ゲイがベッキーに同情的な理由は3つある。

 もっとも大きな理由は相手の川谷絵音が"キショガリ"だということであろう。
 キショガリとは"気色悪いガリ(スリム)"の略である。
 このキショガリ、ゲイの世界のヒエラルキーでは最下層とされているのだ。

 絵的に分かりやすい男らしさを求めるゲイ達の大好物は筋肉質でガッチリした体型。女性を思わせるようなスリム体型は一般的には受けが悪い。その結果、2丁目ではノンケ社会でもてはやされるジャニーズ系のイケメンよりも、ガチムチ体型のオッサンがデカいツラをしているという特異な状況を呈している。

 ジャニーズのタレントすらキショガリ呼ばわりされることもあるゲイの世界において、川谷と付き合うベッキーのボランティア精神が賞賛されるのは不思議ではない。