>  > "もう隠せない裏の顔"ベッキーが「ゲスの極み乙女。」ボーカルと不倫熱愛! 人気ダウンに拍車で"ゲス乙女"路線に変更?
R-zoneニュースワイドななめ読み

"もう隠せない裏の顔"ベッキーが「ゲスの極み乙女。」ボーカルと不倫熱愛! 人気ダウンに拍車で"ゲス乙女"路線に変更?

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
bekky2.jpg

1月6日夕方おこなわれたベッキー緊急謝罪会見。涙目で「友人関係です」と弁明した。

 明るく、清潔感あふれるイメージで多くのレギュラー番組やCM出演を抱えている"スキャンダル処女"タレントのベッキー(31)が、昨年人気が急上昇し紅白にも出場した男女4人組バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音(えのん=27)と不倫交際をしていると今日7日発売の週刊文春でスクープされた。

 その前日の6日夜、ベッキーが所属している事務所にて既に謝罪会見が行われた様子は本日のワイドショーで流され、多くの人がご存知だろう。

 謝罪会見というだけあって、地味な服装で登場したベッキーは、約3分40秒間の会見中に11回も頭を下げるという完璧な「謝罪マネージメント」を見せて、両方のファンや関係者(CMスポンサーやレコード会社etc)へ反省の意を表した。会見は、質疑応答を受け付けなかったため、ベッキーの一方的な謝罪で終了した。

 お相手の川谷絵音は、妻帯者。だからこそ不倫報道になる訳だが、川谷は昨年夏にずっと支えてきてもらっていた彼女と結婚したばかり。それなのに、すぐに夫婦関係が悪くなってしまい、今は離婚協議中というから、困った時に報道が重なったことになる。

 会見の内容は「交際はしていない」というもの。ベッキー自体は『ゲスの極み乙女。』のファンということだが、会見では「川谷が作り出す音楽に対してのファン」と話しているので、どちらかというとバンドのファンというよりも川谷個人のファンという印象の方が強い。

 文春にスクープされていたのは、ホテルの同じ部屋で過ごしている写真や、長崎の川谷の実家を一緒に訪れている写真だが、その事実を認めながらも「やましい事は一切ない」と、涙目であくまでも「友人関係」であることを強調。

 しかし、友達であったとしても川谷は離婚協議中の身でもあることから「軽率な行動をとってしまった」と謝罪している。

 ここのところベッキーは「うざい」とか「ベッキーがテレビに出ているとチャンネルを変える」など、かつて全面的に人気を博していた好印象ナンバーワンの面影をみることすら出来ないほど、視聴者から叩かれている。

 そんな中で報じられた不倫交際報道。ベッキーというタレントへのイメージダウンは相当のものかもしれないが、そうはいっても現在CM契約10社、バラエティー番組のレギュラーを10本抱え、まだまだ人気がある身。それも、最近叩かれているとはいっても基本的にはとても明るく、清潔感あふれる存在であること故のものだ。

 今回の報道は超ド級のスキャンダル。しかも結婚したすぐ後から離婚協議をしている相手との不倫。ただ、数年前には「恋愛なんて思いもよらない」と公言していたベッキーも、もう31歳。そろそろ、動物だけではなく人間のオスにも愛を抱いても良い頃だと言えるが、一人の女性を幸せにする事すら出来なかった「ゲス乙女」川谷では役不足ではないだろうか。

 とはいえ、あの大きな目に涙を浮かべながら会見するベッキーも、非常に新鮮だった。不謹慎だが、スクープでもないと見ることが出来ない表情がみれたことは貴重だったし、翌日には、有吉がベッキーのツイートを模倣するような書きこみをツイッターでし「有吉なりの愛情だね、さすが。」と言われているように、ベッキーを見守る存在も多い。

 これに懲りず、"処女の仮面"も捨てたことだし、これからは"大人のオンナ=ゲス乙女"の部分も見せながら、世間に話題を提供して欲しいものである。


(文=R-ZONE編集部)

bekky3.jpg

流出したLINEの記録とホテルでのセルフィー画像とのこと。ラインの流出元は川谷の妻ではないかと言われているが、自撮りで恋に舞い上がってる"乙女"の顔を見てどんな気分だったんでしょうね。恋愛は盲目なんですね。出典:週刊文春