>  > 【試合直前】29歳まで努力を知らなかった"リアル刃牙" 渋谷莉孔が、すぐにでもボコりたい相手を激白!
シリーズ「現代を生きる侍たち!」第1回 渋谷莉孔[後編]

【試合直前】29歳まで努力を知らなかった"リアル刃牙" 渋谷莉孔が、すぐにでもボコりたい相手を激白!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リスクしかない必殺技「一本拳」でKOを狙う!


──昨年10月のONE CHAMPIONSHIPで行われたエウジェニオ・トケーロ戦で、「一本拳」(中指もしくは人差し指だけを突き出し、そこにパワーを一点集中させるパンチ)がキレイに決まりました。渋谷選手も「必殺技だ」と仰っています。

shibuya11.jpg

「一本拳」の人差し指バージョン

渋谷 はい、必殺技です。

──これは、今回も狙っていくということで?

渋谷 はい。毎回、狙っています。足でもできるんじゃないかなと思ってて。

──やれちゃいますか!

渋谷 アゴでもいけちゃうんじゃないかな。

──ハハハハハハ! ......えっ、マジですか?

渋谷 マジです、マジです。

──まさに、"リアル刃牙"ですね。「一本拳」って、素人がやると折れてしまう気がします。

渋谷 折れちゃうと思います。

──この技は、どうやって考案されたんですか?

渋谷 俺も必殺技が欲しいと思ったんです。必ず、主役やヒーローには必殺技があるじゃないですか。必殺技がないヒーローなんていないので。「誰も使ってない技はないかな?」と色々考えて、いいかなみたいな(笑)。

──他に使ってる選手いないですよね。リスクもありますし。

渋谷 リスクしかないです。

──これは、練習してたんですか?

渋谷 いえ、練習全くしてないです。

──凄いですね(笑)。「そんなのやめとけよ」と止められたりはしなかったですか?

渋谷 止められましたね。

──でも、これが実際に決まったんだから、文句のつけようがないですよね。

渋谷 決まってなくて、拳が当たってても「こっち(指の部分)が当たった」って言い張ります(笑)。