>  >  > 【試合直前】世界の格闘技界に羽ばたく"リアル刃牙" 渋谷莉孔の、EARLY MAD DAYS!!
シリーズ「現代を生きる侍たち!」第1回 渋谷莉孔[前編]

【試合直前】世界の格闘技界に羽ばたく"リアル刃牙" 渋谷莉孔の、EARLY MAD DAYS!!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AVメーカーに就職し、天国のような生活を送る

shibuya6.jpg

──渋谷選手の格闘技デビューはTHE OUTSIDERで、当時は"リアル刃牙"というニックネームでした。また「試合もケンカもやることは一緒」という渋谷選手の発言も印象的でしたが、やはり荒れた青春時代を送っていらっしゃったんでしょうか?

渋谷莉孔(以下、渋谷) いやぁ、大人に入ってからしかケンカってしたことないですけどね。

──大人に入ってからしか(笑)。

渋谷 そうですね。高校入って、そして......(ピー)※編集部自主規制

──(爆笑)。えっと、それはおいといて....ではその後、どんなお仕事に就かれたんですか?

渋谷 周囲には詐欺に手を染めたり実刑を受けた人もいたんですが、自分はAVの会社に就職しました。これから伸びると予想して、「プレステージ」というメーカーに18歳で入ったんです。

──えっ、プレステージ!?

渋谷 「この会社、絶対イケるな」と思って。AV業界に限らずイケそうな業界をリサーチしたんです。色々調べた結果、入った会社がまさに正解でした。

──いいですね! 僕、AVはプレステージしか観ないくらいなんです。

渋谷 今、あそこはどういう感じなんですか?

──まさに、"美少女メーカー"ですね。素人ものだったらプレステージ、という

渋谷 自分が入る前は赤字続きだったんですけど、入った後はバンバン上がっていって、すごいいい時期を過ごさせていただきました。

──ぶっちゃけ、お給料は良かったんですか?

渋谷 本当に良かったですねぇ。月に200~300万円くらい手元に入ってました。あの頃は経理もいなかったんで、領収書を持っていけばOKみたいな。

──金券みたいですね(笑)。

渋谷 金券みたいです。なんでも、みたいな(笑)。あの頃は、社員も5人くらいだったんで。

──会社では、どういう仕事をしていたんですか?

渋谷 監督もたまにやりましたが、だいたいはアシスタントだったり、もしくはアシスタントすらしなかったですね。机に座ってるだけみたいな。