>  >  > パクり疑惑の真犯人は?工藤明男が考えるミスチル桜井のカリスマ性を高める方法
工藤明男コラム

パクり疑惑の真犯人は?工藤明男が考えるミスチル桜井のカリスマ性を高める方法

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


平浩二、ショック!ミスチル歌詞酷似でCD出荷停止&自主回収

「スポーツ報知 12月13日(日)7時6分配信/サムネイル画像 Mr.Children 公式サイトより 」

taira1.jpg


 オリンピックのロゴ・パクり疑惑でお馴染みの佐野研二郎氏も驚くようなこの話題、メロディは全く違いますけど、歌詞は完全なるパクりでしたね 笑

 このニュースを知っている方の中には、勘違いをしてる方が多いようですが、"作詞家"がMr.childrenのヒット曲『抱きしめたい』を盗用したわけで、歌手の平浩二さんは、それを知らずに歌ってしまったというもの。

 平浩二さんはせっかく出した音源を盗用疑惑をかけられ、即刻回収しなくてはいけない羽目になったわけですから、そりゃ絶句もするし、ショックもひとしおでしょう。

 ヤフオクでは早くも回収されたCDが高額で取引されている様子。

 全くファンではないですが、お気の毒です。

 しかし、ここまで丸パクりをするとは逆にすごいと言うか、精神状態が普通じゃなかったんじゃないかと疑問だ。

 レコード会社や音楽関係者が誰も分からなかったってことも流石にないと思うし、いくらCDが売れない時代とは言え、これは余裕でバレるだろう。

 Mr.childrenサイドも対応に困ってるんでしょうけど、今後の展開として、回収された平浩二さんの『愛・佐世保』のカップリング曲を桜井さんがノーギャラ・完全プロデュースで再リリースするというのは如何でしょうか?

 そしたら桜井さんのカリスマ性も人気も今まで以上に絶大なものになりますね。

 (文=工藤明男)

【工藤 明男 (くどう あきお) プロフィール】
東京都生まれ。作家。杉並区出身の関東連合元リーダー。IT・芸能の分野で活躍。経済界のみならず政界にも幅広い人脈をもっており、現在は複数の企業の筆頭株主として、主に投資と企業コンサルタントの仕事を行なっている。警察当局から関東連合の資金源と目されてきた。表舞台に顔を出したことはない。