>  > 芸能界引退を表明した喜多嶋舞の「婦人公論」インタビュー、「息子が騒動の渦中になることを気にしていた」
R-ZONEテレビっ子通信

芸能界引退を表明した喜多嶋舞の「婦人公論」インタビュー、「息子が騒動の渦中になることを気にしていた」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kitajima.jpg

画像出典:http://gsyoki.blog.fc2.com/blog-entry-744.html

 12月8日発売の女性誌「婦人公論」(中央公論新社)のインタビューに登場した女優・喜多嶋舞について、12月9日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)が取材の裏側を伝えた。

 喜多嶋は1996年に元光GENJI・大沢樹生と結婚し、7ヶ月後には長男を出産したが、2005年に離婚。当初、長男の親権は母親の喜多嶋が持ったが、現在の親権は喜多嶋の両親へと変更されている。一方の大沢は2014年、長男との「父子関係0%」であるというDNA鑑定の結果を公表。これについて喜多嶋は当時、週刊誌に「父親は100%大沢」と真っ向から否定したが、大沢が18歳の息子を相手に父子関係を裁判で争うという異例の展開に。そして2015年11月19日、「親子関係不存在」の判決が下された。

 この判決について、喜多嶋は「婦人公論」のインタビューで「DNA鑑定の鑑定の結果が真実でないと私自身がよくわかっています」「私は再鑑定を行い、身の潔白を証明したいと思っています」などと語ったが、再鑑定は今ではなく、混乱している長男が成人してからと語っているという。また、インタビュー内では芸能界引退を表明したことも大きな話題となっている。

 そんな同誌のインタビューに関し、『ノンストップ!』は掲載されている2枚の写真に注目。インタビューに答える喜多嶋の膝の上に置かれたハンカチの位置が、1枚目と2枚目の写真でわずかに移動しているのだ。そこで、同番組は喜多嶋に独占インタビューを行った「婦人公論」の編集者・相庭美樹氏を取材。相庭氏はその舞台裏や、喜多嶋が本当に伝えたかったことを語った。

 相庭氏はまず、「引退をするのでそのお話がしたいということで(喜多嶋サイドから)ご連絡があったという感じですね」と、10月上旬に申し出があったことを明かし、実際にインタビューを行ったのは10月下旬だと説明。「お話の内容も覚悟を決めてのお話だったと思うので、(最初は)緊張した感じで入ってらっしゃいました」と当時の様子を振り返り、「でもスッキリサッパリして、キチンと決心されてお話しているので」と、インタビュー中の喜多嶋は終始淡々とした表情だったと話した。