>  > 私たちがオウム真理教元信者たちの裁判を見て心がザワザワする理由
元極道の異色作家・沖田臥竜のニュース解説  「プロ」はニュースはこう読む!

私たちがオウム真理教元信者たちの裁判を見て心がザワザワする理由

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都庁の庁舎内で郵便物に偽装した爆発物を爆発させ職員に重傷を負わせた、オウム真理教による殺人未遂事件(95年)で、殺人未遂のほう助の罪に問われていた菊地直子被告(43)に2審の東京高等裁判所は「テロ行為を認識して手助けしたと認めるには合理的な疑いが残る」として1審の懲役5年の判決を破棄、無罪を言い渡しました。釈放された菊地被告は「きちんと事実関係を見ていただき感謝申し上げます。とはいえ、何の落ち度もない方に重篤な被害を与えてしまったことは事実です。本当に申し訳ありませんでした」というコメントを出しました。


裁判官やマスコミの本心が知りたい


okita_news_1201_02.jpg


 検察はほぼ間違いなく最高裁に上告すると思われるが、それにしても東京高裁はよく1審判決をひっくり返して、無罪判決を言い渡したよなと感心する。

 ちなみに1審で有罪判決だったものが2審の高裁で無罪になったケースでは、1審判決が決定的な誤審でない限り、十中八九、検事サイドは最高裁に上告の手続きに入る。そして、最高裁ではおそらく、2審への差し戻しが検討されるはずだから、菊池被告の裁判はまだまだ続くことと推測される。

 それにしても、菊池被告が無罪というのであれば、彼女はなぜ10数年も逃亡生活を送っていたというのだ。

 かりに彼女が事件当時、教団の全貌をすべて理解していなかったとしてもだ、教団内部で大変なことがおこなわれていることは、肌で感じていたはずだ。

 また、その後の報道でも、オウム真理教がどれだけの大事件を引き起こしたかくらいは充分知っていたはずではないのか。

 もしも、それらに彼女がまったく加担していないというのなら、事件が事件である、逃亡などはからず、自身の身の潔白を訴えたはずである。私は本当に知らなかったのですよ!と表に出てきて、訴えたはずではないのか。

 しかし、彼女はそうはしなかった。それはなぜか?

 2審の東京高裁では「(菊池被告に)テロ計画の認識があったとする1審判決は根拠の不十分な推認を重ねたもので、是認できない」として無罪を言い渡したという。だが、20年以上の時を経て、当時の菊池被告にテロ計画の「認識があった/なかった」と論じること自体がそもそも愚かしい話だと私などは思う。彼女の当時の心理状態を今更、推測するのではなく、1審判決同様、事実関係の流れに重きを置くべきだったと私などは思う。

 1審で懲役5年の判決が下されたのは、菊池被告が「劇物などと記された薬品を運んでおり、薬品で危険な化合物が作られることを容易に想像できた」「(教団施設への強制捜査などから)教団が追い詰められている状況にあり、教団が人の殺傷を含む活動をしようとしていると認識していた」と認定されたからである。これらが2審の東京高裁の言う通り、「根拠の不十分な推認」というなら、それはすなわち警察の請求により裁判所が発行した彼女への逮捕状そのものが間違いであった、ということになるのではないか。

 そもそも、その逮捕状があったからこそ、各メディアは、菊池被告の事を「走る爆弾娘」と騒ぎ立てたのだ。

 それが無罪だというのなら、かつてのマスコミ報道は大問題のはずである。

《菊地被告「事実関係見て頂き感謝」 検察は上告検討》(テレビ朝news)
《オウム菊地直子元信者に無罪判決 東京高裁》NHK NEWS WEB などと他人事のように報道しているが、そんなことより先に全マスコミは菊池被告にキッチリ謝罪するのが筋ではないのか。

 裁判所も裁判所だ。今回、東京高裁は菊池被告に「無罪ではあるが、結果的に何の落ち度もない人が多大なる被害を受けたのは事実であり、その事を真摯に受け止めるように」などと一丁前に説教したという。よく言えたものである。まずは「あなたの名誉を著しく傷つけ、取り返しの付かないことをしてしまいました」となぜ謝罪しないのか。

 菊池被告サイドも潔白というのなら、怒って当然ではないか。それなのに、「事実関係を見ていただき感謝します」などと殊勝に言うところがひっかかる。

 つまり、菊池被告は少なからず、後ろめたさを感じているし、裁判所やマスコミは彼女のことを本心ではまったくの無罪だとは考えていないのであろう。少なくとも私には、そうとしか受け取れない。だってそうであろう。もしも無罪の事件でマスコミに叩かれまくっていたとするならば、無罪判明後は「コラコラ、どないしてんくれんねん!」とねじ込んでいくのが当然ではないか(私だけか?)。

 高裁も、もっとシンプルに事件を追っていけば、菊池被告が無罪であったかどうか答えがでたはずである。20年以上前の心情を推測すること自体、ムリがあるとどうして気が付かないのか、私には不思議でならない。