>  > 日韓芸能界震撼!? 「JYJ法」で変わるもの、変わらないもの

日韓芸能界震撼!? 「JYJ法」で変わるもの、変わらないもの

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東方神起から離れ、JYJとして活動しているキム・ジェジュン(兵役中)、パク・ユチョン(兵役中)、キム・ジュンスの3人。韓国芸能界では元所属先のSMエンターテインメントに様々な妨害工作をされていた。テレビ番組への出演禁止もそのひとつだったが、さる11月30日、韓国国会で「ある特定の人物のテレビ出演妨害を禁止する」法案が成立したという。果たしてこれが彼らの福音となりうるのか?


韓国芸能界の主に睨まれた JYJ「冬の時代」


11月30日、韓国の国会で、通称"JYJ法"が通過した。これは、「放送事業者が第3者の要請により、正当な事由なく、ある特定の人物の番組出演を止める行為はできない」というもの。

噛み砕いて、具体的に言うなら「韓国のテレビ局は、巨大芸能事務所、SMエンターテインメント(以下:SM)の圧力により、JYJの番組出演を止めさせることは出来ない」となる。

東方神起を脱退した3人はJYJを結成後、テレビ番組に出演することができなかった。俳優としてはテレビに出ていたので、正確には、歌手としてはできなかった。それがこの法律の土台となった。

2013年7月にも公正取引委員会から、SMに対し、JYJのテレビ番組出演と歌手活動への妨害を是正するように、との命令が下されている。公正取引委員会もSMが公正取引法に違反していると認めたのだ。

が、JYJがテレビに出ることはなく、是正されることはなかった。そもそもSMは妨害の事実を認めていないので、当然、事態が変わるわけがない。
だが、公正取引委員会によれば、SMは番組出演だけでなく、音楽配信も妨害したという。今回は法律を以て、国家がより強力に芸能界に対し規制に入ったわけだ。

この命令が功を奏したかどうかはさておき、JYJのメンバー、ジュンスは今年に入って、歌手としてテレビ番組に出演している。

といっても、派手な歌番組ではなく、日本でいうところの教育テレビの地味な番組で、セールスには直結しない。SM的にも、この番組ならOKなノリだったのだろう。