>  > 現役アイドルが「Hなファンサービス&風俗顔負け金儲け術」を激白!
R-ZONEテレビっ子通信

現役アイドルが「Hなファンサービス&風俗顔負け金儲け術」を激白!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月26日放送の『ヨソで言わんとい亭~ココだけの話が聞ける(秘)料亭~』(テレビ東京)で、AVやアイドル業界の裏側が明かされた。

 最初に"ココだけの話"を語ったのは、元AV監督の裏社会ジャーナリスト・荒井禎雄氏。荒井氏曰く、セルAVの全盛期は約10年前になり、当時のトップ女優のギャラは1日で400万円ほどの高額だったんだとか。一方、現在のトップ女優は1本でMAX150万円ほどだそう。荒井氏は、瞬間的に売れるのは「元芸能人」など肩書きのある子だと言いながらも、そういった子の勢いは続かないと語り、逆に2003年にAVデビューした吉沢明歩のように「10年選手」と言えるほど売れ続けている女優もいると指摘。荒井氏は、10年以上もの間トップ女優の座を守り続けている吉沢について、日本全国のAVショップで行われる握手やサイン会などでファン1人1人にきちんと対応することで人気を集め続けていると話し、「アイドルとかと変わりないんですよ、やることが」と説明。つまり、トップ女優として生き残るには肩書きやプロポーションよりも、地道に全国のAVショップをまわって売り上げを稼ぎ、人気を維持することが重要だと話した。

 しかし、それでも稼げない女優はどうしているのか。スタジオゲストの現役人気AV女優・白石茉莉奈は、「最近はギャラの方がどんどん安くなる一方なので、AV業界では"パパ制度"がすごい流行ってまして」と切り出し、医者や社長などとAV女優を繋ぐ仲介業者の存在を暴露。相手に気に入られた場合、1本のビデオのギャラを上回る収入にもなるそうだが、当然「"営み"込み」なんだとか。それでも、その方が稼げるといって事務所を辞めてしまう女の子もいるという。

 また、女優のギャラだけではなく予算も激減しているAV業界では、低予算で作れる「盗撮」ジャンルが増えているとのこと。荒井氏は、最もお金が掛からないのは「ガチ盗撮」だと話したが、とある宿で女性が風呂桶の中に小型カメラを仕込んで温泉に入り、宿泊客らを盗撮していたことが明るみになって大問題に。発売されたAVを見た人が、知り合いが映っていると気付いて当人に連絡したことで盗撮が発覚し、弁護士が介入して集団訴訟に発展。メーカーが多額の賠償金を支払うことになったため、「ガチ盗撮」は下火になっていったという。その後、盗撮ジャンルはインチキ路線に変わり、"盗撮風AV"が作られるようになったそう。荒井氏はその制作方法について、求人募集で集めた女の子に「裸にはなってもらう」が「体に触れない」で「顔にはモザイクをかける」などと伝えたうえで、ベニヤ板で囲った簡易更衣室のセット内で着替えさせたり、非常階段を上がる女の子のパンチラを撮影したりしていると説明。それをジャンルごとに素材として貯めて取っておき、5人~10人分ほど貯まったら1本の盗撮ビデオとして販売しているそうだ。