>  > 悶絶インタビュー第3弾!!! 裏社会へリクルートされかけた、少年時代の前田日明「俺が若かったら、間違いなくOUTSIDERに出てた!」

「THE OUTSIDER」
12.13@大田区総合体育館 SPECIAL
直前緊急企画!!

maeda01.jpg


株式会社RINGS CEO
前田日明(AKIRA MAEDA)直撃インタビューPart.3

 今日で3回目となる、リングスCEO・前田日明氏インタビュー。今回は特に、ご自身の少年時代について振り返っていただいている。一歩間違えれば裏街道へ進む可能性もあった、若き日の格闘王。そんな彼の少年時代とOUTSIDERは、やはり深いところでつながる部分があるようだ。

(Part.1はこちらをPUSH!)
(Part.2はこちらをPUSH!)

(取材/文=寺西ジャジューカ)


前田日明 プロフィール
まえだ・あきら 1959年1月24日生まれ。身長:192cm、体重:115kg。大阪府大阪市大正区出身。格闘家。空手を皮切りに、新日本プロレス→UWF→リングスCEO。HERO'Sでスーパーバイザーを務めた後、2008年第2次リングスをスタート。「THE OUTSIDER」大会をプロデュースする。趣味:釣り、読書、日本刀の収集・研究。著書に『格闘王への挑戦』講談社(1988年)、『パワー・オブ・ドリーム』角川書店、『誰のために生きるか』PHP研究所(1992年)、『最強の自分をつくる』PHP研究所(1994年)、『真格闘技伝説 RINGS』ピンポイント(1994年)、『無冠』集英社(1998年)、その他関連図書多数。