>  > 日本版007? 新設される「国際テロ情報収集ユニット」はイスラム国からのテロやスパイを防げるのか?
R-ZONEアンダーグラウンド通信

日本版007? 新設される「国際テロ情報収集ユニット」はイスラム国からのテロやスパイを防げるのか?

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スパイ天国・日本に諜報機関が新たに設置

spy1.jpg

外務省の中にも......

 世界各地で相次ぐテロ(パリ、イギリス、ドイツ等)及び、過激派組織イスラム国による日本人殺害事件を考慮して、日本政府は、かねてから準備を進めていた国際テロ情報収集ユニットの設置を2015年内に行う事を決定した。

 このユニットは、外務省総合外交政策局内に設置される。当初2016年春の設置予定であったが、近年相次ぐテロ状況の悪化を背景に2015年中に前倒ししての設置となった。
 
 これまでの準備状況は、滝澤裕昭内閣審議官(元警視庁警備局外事部長)をリーダーとした準備室が外務省官房長室の隣に設置された準備室に極秘裏に準備が進められていた。
 準備室にはプレート看板すら掲げられず、外務省の職員ですらここがどういう部屋なのか知らされてはいなかったという徹底極秘扱いでの準備状況だった。気になるのは、国家の外務省内ですら、そこまで徹底極秘扱いにしなければならないという事だ。裏を返せば、外務省内ですら「情報が漏れる危険性」があるという事ではないだろうか。日本が他国から見てスパイ天国と言われるのは、セキュリティー面で大幅に他国から遅れをとっているからである。