>  > 『人生のパイセンTV』MC・ベッキー、番組視聴者の上戸彩は「アタシがお願いすれば絶対に出る!」と豪語
R-ZONEテレビっ子ニュース

『人生のパイセンTV』MC・ベッキー、番組視聴者の上戸彩は「アタシがお願いすれば絶対に出る!」と豪語

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トークは続き、若林は同番組が3ヶ月ほど密着したVTRを使っていると説明したうえで、「それで変な人多いなって思ってるけど、3ヶ月ベッキーに密着したら超変な人だよね」と言い出した。これにベッキー本人も「アタシの親友たちはみんな『こんな変な人だと思わなかった』って言う」と苦笑い。さらに、自分が前日に友達と歩いていた時に、「街中で急に1人ミュージカルを始めた」ことを明かし、「そういうことやっちゃう人なのアタシは」と訴えた。1人ミュージカルに興味を示した若林が「ちょっとやってみて」とリクエストすると、ベッキーは立ち上がって「ねえ、今日のお寿司、美味しかったね」と台詞っぽく言って振り返り、「いくら~、ホタテ~♪」などと即興の歌を披露。若林は口を大きく開けて爆笑した後、「クソアナ雪ですね」と言い放った。べッキーは膝から崩れ落ちたものの、「これが普通なの。普通によくやってんだけど、友達に『ベッキー、テレビでやっちゃダメだよ』って言われて」と止められていたことを告白。しかし「(今)やっちゃった。てかアタシはそういう自分をテレビで出していきたいんだけど、やる場所がないじゃないですか。だから......やっと見つけた」と、爽やかな笑顔を浮かべた。

 一方の若林は、居酒屋の個室で芸人仲間をバイクにして跨り、「オイ!」と言わせる遊びでお腹を抱えて爆笑していると語った。これにベッキーは「変な人。やっぱ似てるんだアタシと若さんって、きっと」と、共通するものを感じたようで、「周りから幸せに見えなくても本人が幸せだったらいいの」と強調。ここで、若林が「ベッキーさん、あの、我々2人のトーク番組じゃない......」と、VTRが用意されていることを思い出し、何も指示せず笑っていたスタッフにも「ライブじゃねんだから!」とツッコミを飛ばした。