>  > 関ジャニ∞・村上信五、『Rの法則』で"意外と静か"と暴露され「営業妨害」「ギャラの分しか仕事せぇへん」!
R-ZONEテレビっ子通信

関ジャニ∞・村上信五、『Rの法則』で"意外と静か"と暴露され「営業妨害」「ギャラの分しか仕事せぇへん」!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 また、PV撮影の日はちょうど渋谷の誕生日と、関ジャニ∞の全国CDデビュー11年記念日が重なっていて、現場でメンバー全員が大きなケーキを囲んでお祝いをする一幕も。ここでは渋谷が、「頑張っていきますんで、これからもよろしくお願い致します」と挨拶した。

 VTR終了後、スタジオでは山口が「お前さ、何なの? 最後の去り方」と、突撃時の村上の立ち去る姿を指摘し、横山も「歩き方ゴリラですよ」と再現。しかし村上は「袖はけて行くときあんな感じです」と、あれが常であると説明した。

 新曲「侍唄」については、錦戸が「バンドでバラードっていうのがあんまりなかったんですよね、今まで。しかも思いっきり男目線の歌で。日本の男って何やってなったら侍か!ってなって」と語り、自身が現在主演中のドラマ『サムライせんせい』(テレビ朝日系)の主題歌でもあると話した。しかし、現場に潜入したR'sからは「帰りのロケバスでずっと2人で歌ってた」などの感想と共に、「現場もすごいピリッとしてたし、本当にアイドルみたい......」「おもしろい方たちっていうイメージしか今までなくって」という言葉が飛び出し、メンバー達は「え?」とざわめきつつも、村上の「引き締まった空気やったってことでしょ!?」というまとめでまるく収まった。

 エンディングは、山口が「10代に誰かメッセージ。誰か代表で」と促し、横山が「リベンジするか?」と丸山を振り返った。丸山は、「今青春真っただ中の10代のみなさん、関ジャニ∞はこれからも変わらずみなさんに元気を届けていきたいと思っております。そして、アンケートにたくさん答えてくださったみなさん、本当にありがとうございます」といい感じに締めていたが、最後の最後で「関ジャニ∞、これからも"満身創痍"で頑張っていきたいと思ってます」と、"邁進"と"満身創痍"を間違えてしまい、村上から「ボロボロやん!」、安田から「なんでやねん!」、大倉から「お前だけやろ」、渋谷から「傷だらけやん」などツッコミの嵐に。村上からは「今日のスタジオでケガしてんのお前だけやで!」とトドメを刺されてしまった。


(文=テレビマニア