>  > 関ジャニ∞・村上信五、『Rの法則』で"意外と静か"と暴露され「営業妨害」「ギャラの分しか仕事せぇへん」!
R-ZONEテレビっ子通信

関ジャニ∞・村上信五、『Rの法則』で"意外と静か"と暴露され「営業妨害」「ギャラの分しか仕事せぇへん」!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月18日放送の『Rの法則』(NHK Eテレ)は前週に引き続き、関ジャニ∞の横山裕、渋谷すばる、村上信五、丸山隆平、安田章大、錦戸亮、大倉忠義が出演し、10代女子からの悩み相談に答えた。

「関ジャニ∞ 元気が出るお悩み相談室」に寄せられた最初のお悩みは、「好きな人ができない」「異性に話し掛けるにはどうしたらいいのか」というもの。VTRを見ていた大倉は、「すぐできますよね、彼氏」と軽く回答。村上が「どうやったらええかや」とフォローするも、大倉は「そんなん自然の流れでしょ!?」と元も子もない発言で、番組MCのTOKIO・山口達也を笑わせた。また、横山が「アドバイスが欲しいから」と10代女子の気持ちを代弁したが、大倉は「異性と話せないってことですよね? 異性と話せないのは俺も一緒なのよ」と困り顔で明かした。

 そこで、大倉が男子役、丸山が女子役になって「女子から男子へのアプローチの仕方」を演じ、アドバイスすることに。まず「大倉先輩!」と満面の笑みで駆け寄った丸山が、「今度のインターハイなんですけども、どことやるんでしたっけ1回戦?」と、部活の話題で話し掛けた。しかし大倉は「え!? インターハイ? 俺......何の部活やったっけ?」とボケて、これに丸山は口元を手で押さえて笑いながら「先輩おもしろーい!」とはしゃぎ、さりげなくボディタッチも。そして「バスケじゃないですかぁ! どこと対戦でしたっけ?」とめげずに突き進む丸山に、大倉は「どこやろね次......」とタジタジ。丸山は被せるように「西ですよ西」「おもいしろーい先輩」と話を展開し、「先輩の好きな食べ物って何ですか?」と質問する際には、大倉の周りを回ったり大きめの動きを入れたりして、村上から「(スタジオを)大きく使うな」とツッコまれた。さらに、大倉が「カレーライスとか」と答えたのに対し、丸山は「子どもじみてるー! カワイイ!」と口元に手を添えてリアクションし、横山から「お前オネエやん!」と指摘が飛んだが、丸山は急に真顔になって「これいつ終わんの?」とメンバー達を振り返った。爆笑するスタジオと、「終わらせてよ!」という大倉に、丸山は「カットとかなかったら僕止まられへん」と一言。山口が「趣旨がもう分かんなくなっちゃった」と呟いたように、大倉&丸山コンビでは本来の悩みの参考にはならなかった。