>  > 元人気女性アイドル、引退に追い込まれた"恐怖のストーカー被害"を暴露! エレベーター内で「服を下着ごと......」
R-ZONEテレビっ子ニュース

元人気女性アイドル、引退に追い込まれた"恐怖のストーカー被害"を暴露! エレベーター内で「服を下着ごと......」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  11月5日深夜放送の『ヨソで言わんとい亭~ココだけの話が聞ける(秘)料亭~』(テレビ東京)に、1980年代に活躍した元人気女性アイドルが出演し、現役時代の恐怖体験を明かした。

 今回、番組で衝撃告白を繰り広げたのは、1986年に15歳で芸能界入りした元アイドル・本田理沙。1988年に歌手デビューを果たし、数々のドラマに出演したほか、バラエティ『スーパーマリオクラブ』(同)で渡辺徹とともに司会を担当。また、セミヌード写真集を発売するなど多方面で活躍していたが、人気絶頂期だった1997年、26歳で芸能界を引退。その背景には知られざるストーカー被害があったという。

 番組ではMCのネプチューン・名倉潤が「ストーカー被害が原因で引退したっていうことを、僕ら知りませんでした」と振ると、本田は「ストーカーというと"対1人"みたいな感じがあるんですけども、職業柄アイドルということで(周りに)大人数の人がいて、誰がストーカーっていうのは分からないけども、よく見る人はいるなっていう中で、日常が段々おかしくなってくるんです」と語り出した。通常の1対1のストーカーとは異なり、複数人からストーカー被害を受けていたという本田は、例えば新幹線で地方へ移動する際、東京駅で「いってらっしゃい」と見送ってくれたはずのファンが、到着駅で「いらっしゃい」と先回りして待ち構えていたことがあったそう。また、ファンから電話機が送られてくるなど怪しいプレゼントも存在し、盗聴器などが仕掛けられていないか、所属事務所が厳しくチェックしていたという。

 しかし、ストーカーの魔の手は自宅にまで及び、インターホンを鳴らして扉の向こうから「同じマンションに引っ越してきた者なんですけど、ご挨拶を」などと言ってダマし、本田が扉を開けた瞬間に男が部屋に侵入しようとしてきたことも。慌てた本田が扉を閉めようとしても、男は閉まらないように扉の間に靴を入れていたというが、なんとか少しずつ足を蹴って押し戻し、扉と鍵を閉めたそうだ。

 こうしたさまざまな被害に見舞われたことで、本田は事務所に相談。ところが、事務所からは「自己管理がなってない」「普通、男の人が訪ねてきて(扉を)開けるのはないよ」などと逆に怒られてしまったんだとか。当時はストーカーという行為が今ほど社会問題になっておらず、事務所も「行き過ぎたファン」といった認識を持っていたようだが、これについて名倉は「昔と今は違うかも分からんけど、怒られるっていうか自己管理は、女性1人の時は玄関を開けない方が良い」との考えを示し、本田も宅配物も置いておいてもらうか、管理人に受け取ってもらうなどの対応を取った方が良いと語った。

 また、本田が受けた被害はこれだけにとどまらず、仕事後に帰宅してマンションのエレベーターに乗り込んだ時、急に口と肩を押さえられ、後ろから顔が出てきて「ナイフを持っているから騒ぐな」と脅されたという恐ろしい体験も暴露した。本田は「壁側にドンとされて体面になっている状態で、服を下着ごとバッと全部めくられて」と、胸を露出させられたことを告白。さらに、犯人の男は「動くな(ナイフを)持ってるから」と後ろのポケットからナイフをチラつかせ、胸を触り続けたという。この時の本田はジーパンを履いていたと言い、名倉は「下が脱ぎやすいスカートだったらもっと危なかったですよね」と指摘。本田は恐怖で「あっ、もう死ぬな」と感じたが、同じマンション住人の小学生が偶然エレベーターを呼んでいたらしく、犯人は扉が開いて第三者が現れたことに驚き、逃げて行ったという。

 恐怖体験後、別のマンションに引っ越した本田だったが、引っ越し先の渋谷のマンションでも別のストーカーの標的に。当時、本田は仕事が忙しくヘトヘトだったため、夜9時~10時頃には寝ていたと説明。部屋の電気を消して暗い中でベットの足元のテレビを見ている状態だった時、部屋の中が突然ポワァ~と明るくなったとのこと。すると、頭側にあった部屋のドアがスーッと開き、懐中電灯を持った男が入ってきたことに気付いたという。しかし、玄関は男が入ってきた方にあったため、本田は持っていた布団を男の方に投げつけて抵抗を見せ、ひとまずベランダへ。そして、2階の部屋のベランダから「助けて!」「男がいる助けて助けて!」と外に向かって助けを求めていたところ、自転車で偶然通りかかった俳優・金山一彦とその友人が声に気づき、「男がいる! 私は2階から降りたい!」と叫ぶ本田を、連携プレーでベランダから降ろしてくれたという。

 残念ながら犯人はこの間に逃走。その後、警察が到着して現場検証を行うと、風呂場やトイレなどの水回りスペースの換気用窓の網戸が切られており、そこから侵入されたことが判明。また、本田のマンションと隣の建物の隙間から外壁を利用して2階に上ってきたことや、スニーカーの足跡が玄関から出て行ったことも分かったが、犯人は結局捕まらないままだという。

 このような度重なるストーカー被害の恐怖とストレスから、芸能界引退を余儀なくされ、今でも突発性難聴に悩まされていると語った本田。31歳で結婚し、現在は地元の大分県で母親と2人の子どもと生活。知り合いに囲まれた"まったりペース"の中、ローカルラジオのパーソナリティとして活動するなど、平穏な日々を送っているそうだ。


(文=テレビマニア