>  >  > せっかく心地よく快適に暮らしてたのに......
俺の、最後の獄中絵日記 第252回

せっかく心地よく快適に暮らしてたのに......

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回までのあらすじ
2012年10月、覚醒剤の譲渡や使用などで懲役二年四月の刑をくらい月形刑務所で服役中だった後藤武二郎は、ある日、たまたま目にした職業訓練募集の張り紙に深く考えず応募したところ、まさかの当選。住み慣れた北海道を離れ、九州は佐賀少年刑務所へ移ることになってしまった。

enikki_tobira.jpg


転房

2013年(平成25年)9月17日

今日まで雑居に2人でいたので、そりゃあ広々と快適に暮らしていたよ。
11月の訓練終了まで残すところ2ヶ月半。
このまま過ごさせてくれたら言うことなしだったのに
刑務所はそんなに甘くはないよ。
そんな良い思いはさせねーぞ、といった感じで
突然の転房だよ。
しかも3人部屋に俺たち2人ともぶちこまれた。
5人マックスで入れられてる部屋は俺たちのところだけだ。
おいおい。
訓練終了までこのギュウギュウ詰めじゃないだろうネ。

gokuchu0917_1000.jpg