>  > 靖国で爆発があった日、新宿のど真ん中アルタ前にトランスパーティーの花が咲いた
R-ZONE's HIGH-CULTURE LIFE

靖国で爆発があった日、新宿のど真ん中アルタ前にトランスパーティーの花が咲いた

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夕暮れが近づくとともに盛り上がっていく音

 そして日暮れ頃。整理のしようがないほどに人はますます増えまくり、「いつ止まる?」「いやもう無理っしょ」なんてことを周りの人が言うのを聞きながら、心の中で全く同意と思いつつ踊るハラハラドキドキ。でも、止まらない。苦情が来て音量を下げたり、通行者の道を開けてくださいなんてアナウンスが挟まったり、あと楽しくなりすぎた人がおまわりさんに連れていかれる場面があったりしながらも、誰も踊りを止めたりしない。


1123slum04.jpg

 パーティー命なレイバーのみんなはもちろんのこと、イケてないエグザイル風のオラついたお兄さんから希少種レッドリストの黒ギャル姉ちゃん、カテゴライズ不能なアシッド系野良人まで、ぐるんぐるんのごった煮に混ざり合ってダンスDANCEダンス! その渦の中で身体を揺らしながらも、ふと後ろを見上げれば看板は「洋服の青山」で、やっぱりここは新宿駅前。トランスに興味のない方にとっては迷惑千万極まりないと承知しつつ、アルタ前がレイブ会場へと変わるその珍事に、ひとりのトランス愛好者としてどっぷり酔いしれた次第です。


1123slum12.jpg


11123slum10.jpg

 この踊る楽しさ、音と一体になる喜びを、ぜひ通りすがりのあなたとシェアしたい! きっとそんな高い志で企画されたであろうこのパーティー。で結局、その想いは通じたのか?

 傍観しに行くつもりがガッツリ21時ラストまで踊ってしまった身としては説得力がないかもしれませんが、やはり普通の人にとっては理解の外であったろう、というのが帰宅後冷静になって思い返した感想。
 少し距離を取りながら眺めるお父さん方の視線、それは若者への温かい目というよりはどっちかというと日本の行く末を案じるような趣き。休日手当も出ないのにサービス出勤、嫁になじられ子供に嫌われ、上司にしこたま叱られてそれでもヒーコラ働いてるサラリーマンからしたら、駅前で踊り狂ってるこいつら全員イスラム国に送りてえとか思う人、中にはきっといたことでしょう。
 ところがまたそんなギャラリーの刺すような視線が踊る身にはいい刺激であったりして、ますますダンスは激しくなる...そんなカオス。いや、飛び込みで踊ってるトランス初体験らしき人も、もちろんいっぱいいたんだけどね。


1123slum02.jpg

 とにかくしかし! このパーティーは間違いなく、アルタ前で種をまいた。花を咲いて実をつけるか、それはわからないけども大量に種をぶちまけたのは、確かでありましょう。駅前では踊る勇気を出せなかったおっさんが、この日を境にダンスミュージックの面白さにうっかり目覚めて、気がついたら毎週末のパーティー通い&定位置は左スピーカー前なんていうイカした花が咲くかもしれない。100人、いや1000人にひとりでもいいから、そんな光の勇者(つーかおっさん)が生まれていたら、面白い。


1123slum05.jpg


1123slum07.jpg

奇跡の新宿アルタ前! #アルタ前 #SLUM

FULLMOON MONDOさん(@fullmoon_mondo)が投稿した動画 -


 そんな夢を見させてくれた、駅前レイブ。果たして次回はあるのか?
 たぶん、いや絶対この場所、トランスには貸してくんないと思う(笑)

 でも楽しかったから最高だ!

1123slum11.jpg


(取材/文=もがき三太郎)

Photo and movie,thanks to DJ FULLMOON MOND & all the beautiful party people! Yeah!!!