>  > 「おっさん」「老害」...深夜番組にしか出られないキムタクの行く果ては...
R-zoneニュースワイドななめ読み

「おっさん」「老害」...深夜番組にしか出られないキムタクの行く果ては...

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実はもう43歳のおじさん

 SMAPの木村拓哉(43)といえば、おそらく国内では知らない人の方が稀少と言えるような人気者だが、その栄光がかげり始めたのは最近ではない。そんなことを裏付けるようなことが、今月16日放送の「smap×smap」から垣間見られた。

 この日の人気コーナー「ビストロスマップ」は、今までにも2回行われているビストロシャッフル。smapメンバーのうちの誰か一人がゲストとなり、司会者も別のメンバーが務め、中居も料理を作る。そして16日のゲストは木村拓哉、司会は香取信吾だった。

 いつものように、料理を作っている間にトークがはずむ。この日は、マツコ・デラックスと木村拓哉が同級生という噂の真相を追究。木村曰く真実であり、本人に対し「誰がお前になったのか分かんねぇ!」と久しぶりの旧友トークがさく裂したことも判明。

 その後、キムタク本人が司会をして自分の人物像に迫る「クイズ 木村拓哉」などをはさんで、試食へ。稲垣の作ったパスタ料理と、中居のステーキ定食で迷うも軍配は稲垣のパスタヘあがる、という進行で滞りなく番組は終了したのだが。

 ネットでは放送中からリアルタイムでキムタクをディスるコメントで溢れかえり始めた。
 試食するキムタクの左手を下にしたまま食べる姿に
「え?いつもこんなカッコで食べてるの? マナー悪」
さらに試食後、歯の間に食べカスが挟まっているのか、ずっと口の中で舌を動かし続けている姿に
「汚な...ストップしてうがいでもしてくればいいのに...」

 豪快に完食し、あえて言うなら野性的に食べていたのもキムタク風演出なのかもしれない。しかし、演出も過ぎれば不快感を与えることは当たり前のようにある。

 今の20代は、SMAP世代というよりも嵐の世代。そのため、40歳を過ぎてオッサンになったキムタクに対し「どこがカッコイイの!?」という声が聞かれ、完全に「老害」扱いだ。

 さらに、かつては「トレンディドラマの神様」と言われたキムタクも、最近出演したドラマは"これでもかっ!"と言うほど数字が取れないのが現実だ。続編には出ないというポリシーを曲げてまで挑んだ「HERO 第2シリーズ」(2014年7〜9月放送)でやっと、一般的に視聴率がそこそこ良いというレベルの数字が出せただけである。

 このような結果をみれば、木村拓哉の神通力は既に消え去り、完全に世代交代がなされたとも言えるだろう。