>  > 【ヨソで言わんとい亭】政界進出・芸能界復帰の嶋大輔、党の公認を得られなかった理由は「偉い方が『もう今年は芸能界の方はいらない』と......」
R-ZONEテレビっ子ニュース

【ヨソで言わんとい亭】政界進出・芸能界復帰の嶋大輔、党の公認を得られなかった理由は「偉い方が『もう今年は芸能界の方はいらない』と......」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月12日放送の『ヨソで言わんとい亭~ココだけの話が聞ける(秘)料亭~』(テレビ東京)に、歌手で俳優の嶋大輔が出演し、一時芸能界を引退したにも関わらず、政界進出が実現しなかった裏話を暴露した。

 同番組はこの日、嶋のほかにタレントの相原勇や、日本でグラビアアイドルとして活躍した台湾出身タレントのインリン・オブ・ジョイトイが出演。「テレビから消えた芸能人の"ココだけの話"」を語った。

 まずは相原が、元横綱との破局秘話を披露。当時レギュラー番組8本を抱えるなどテレビに引っ張りだこだった相原は、結婚に備えてレギュラーを降板。しかし、元横綱が優勝してやっと結婚と思われた時に、突然の破局を迎えた。このことはマスコミにも大きく取り上げられたが、相原は第三者から「この結婚はない」と告げられる形で一方的に破局し、それ以来本人とは一度も会っていないと説明。また、相原は二股をかけられていたことも発覚したと言い、仕事も失っていたためニューヨークに「逃亡」したという。その後、ニューヨークで結婚したが離婚し、現在は再婚してハワイで暮らしていると明かした。

 2番手のインリンは、2000年代前半に写真集での過激な衣装やM字開脚が注目を集め、自称「エロテロリスト」の名の通り世の男性を魅了した。しかし給料制だったために、絶頂期でも月収100万円以下だったとのこと。また、人気沸騰中には恐怖のストーカー被害に合っていたとも。インリンは収録後、夜道を1人で歩いて帰っていたところ、後ろからずっと付いてくる人がいて気になり、振り返ってみると電信柱に隠れて見ていた人物がいたんだとか。さらに相手は、走って逃げようとしたインリンに抱き着いてきたというが、インリンのとっさの大声に驚いて逃げ出したため、事なきを得たそうだ。

 また、インリンは芸能人にしつこく口説かれた過去も激白。相手は番組で知り合って連絡先を交換した芸人だと言い、その人が結婚するというニュースを見てホッとしたインリンが祝福のメールを送った際も、「俺は結婚してもインリンを諦めねーぞ!」と返信してきたと明かした。放送上は伏せられたが、インリンが芸人の名を「芸人Wさん」と暴露すると、ゲスト出演していた吉本興業所属の平成ノブシコブシ・吉村崇とパンサー・尾形貴弘が「うちの事務所の先輩がすみませんでした」と土下座した。

 そんなインリンは6年前に結婚して3人の子どもと台湾で幸せな生活を送っていると話したが、もうグラビアはしないのかという質問には「ちょっと悩んでるところではあるんですけど」「子どもが、私がM字開脚してたの知らない」と答え、スタジオを笑わせた。

 最後の嶋は、1981年にロックバンド・横浜銀蝿の弟分としてデビューし、1982年のシングル「男の勲章」が70万枚の大ヒットを記録。その後、ドラマや映画にも多数出演したが、2013年に芸能界を引退して政界転身を表明。しかし最終的に断念し、2015年7月に芸能界復帰を報告した。

 番組MCのネプチューン・名倉潤から絶頂期の金銭事情を尋ねられた嶋は、20万円以上は貰っていないと言い、出演者らを驚かせた。嶋は、「横浜銀蝿の方に相談したんですよ。(すると)『今のお前に50万円、100万円あげてもいいんだ』『でもな、売れなくなったらそこから下がってくるんだ。イヤだろ』って言われて納得しちゃった」と説明。自身は20万円以上貰えないまま、所属事務所は渋谷の一等地に引っ越すなど大きく様変わりしたという。また、当時の嶋は不良キャラのイメージから喧嘩をふっかけられることも日常茶飯事で、骨折した体でドラマや歌番組に出演したこともあったと語った。

 そのような痛い目にあいながらも、仕事面では順風満帆な芸能生活を続けてきた嶋が、突如芸能界を引退した理由は何だったのか。嶋は元々イジメ問題に興味があり、知り合いが秘書を務めていた政治家の後援会に入って勉強していたと話し、ある日「嶋さん、その経験を今度は生かしませんか?」と声が掛かったと明かした。2013年はネットでの選挙活動が可能になった年で、芸能人が立候補する動きが高まっていた。そんななか嶋は、ある党の幹部から政治家になるよう勧められ、党の公認はもらえていなかったが選挙での当選を目指して政治活動することに。タレント上りということで批判を浴びることもあったが、支持者を集めるために全国各地を奔走していた嶋。ところが、結果的に嶋は党の公認を得られず、それまでに掛かった費用もすべて自腹となってしまい、政界を「諦めざるを得ない」状況になったと明かした。

 公認されなかった理由について、嶋は「偉い方が、『もう今年は芸能界の方はいらない』と言ってたのに、まぁいろんな方が出てたので、う~ん、それはどういうことかな~とは思ってますけど。なんかいろいろあったのかなと」「何が起きてるか自分ではホントに分からない状況だった」と話し、「議員会館に呼ばれて『縁が無かったということで』って言われて会館出てからって、そう覚えてない」「『俺(芸能界)引退してんだけど?』みたいな」などと当時の心境を振り返った。

 政界進出を断念し、仕事をすべて失った嶋はその後、「4ヶ月くらいうつみたいな状況になっちゃったんですよ」と、人間不信に陥って辛い私生活を送っていたことを告白。自室のベッドの横にあるゴミ箱には、知らないうちにマスクがてんこ盛りになっていて、コンビニ程度の外出時でも無意識にマスクをつけて人目を避けていたと話した。そうして4ヶ月間、ほとんど家にいてボーっと過ごす引きこもり生活を送っていた嶋は、時には妻に「仕事の話が来ているから打ち合わせ行ってくる」などと有りもしない嘘をついて、車に乗って過ごしていたこともあったそう。

 そんななか、嶋の先輩が太陽光パネルの営業に誘ってくれたというが、営業先で笑われることもあったんだとか。しかしある時、上司から「嶋さんここに居ていいの?」「イジメでしょ? 子どものためでしょ?」「発信するって意味では、芸能界に戻ってやることも良いでしょ」とアドバイスを受けたことをキッカケに、嶋は政界進出でも目標にあったイジメのことを伝えるために芸能界へ出戻りしたと語った。


(文=テレビマニア