>  > 関ジャニ∞、同世代・嵐メンバーとの関係性を語る......敵対心は「めっちゃあった」
R-ZONEテレビっ子ニュース

関ジャニ∞、同世代・嵐メンバーとの関係性を語る......敵対心は「めっちゃあった」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月11日放送の『Rの法則』(NHK Eテレ)に、関ジャニ∞の横山裕、渋谷すばる、村上信五、丸山隆平、安田章大、錦戸亮、大倉忠義が初登場。番組MCのTOKIO・山口達也らとのトークを繰り広げ、これまでの活動や思いを振り返った。

 オープニングでは山口からさっそく「10周年終わってどうですか?」と聞かれ、「今10年超えて1番いい様な感じもしますけどね」と良好な状態を口にした村上。この日はNEWアルバム「関ジャニ∞の元気が出るCD!!」も発売され、音楽やドラマ、バラエティなどノリにノッている関ジャニ∞だが、彼らは2004年発売の「浪花いろは節」で演歌歌手としてデビューしている。同曲のMVが流れると安田は「しょぼいな~」と笑い、村上は若い頃の自分を見て「気持ち悪っ!」と自虐した。山口から当時の心境を尋ねられると、横山は「デビューできるってことが嬉しかった」と答えたが、どういう気分で演歌を歌っていたのかという問いには、大倉が「最初はガムシャラでしたね」と吐露。また、横山は「売り方も演歌の売り方やったからそこに戸惑いはありましたね。俺らが知ってるジャニーズじゃないってのは、まずあって」と言い、一般的な演歌歌手と同じようにレコード店回りをしてCDを置いてもらうというようなこともしたと語った。

 次に、番組が10代女子に聞いた関ジャニ∞についてのアンケートを公開。普段は300人ほどのアンケートだというが、今回は番組史上最大の7117人もの10代女子のアンケートが集まっており、メンバー達は大勢の協力者に感謝を述べた。アンケート内容は「関ジャニ∞の魅力」で、3位に「ギャップ」、2位に「みんな仲良し」という点が挙げられ、1位は「おもしろい」という結果に。山口も「音楽の中で面白い表現をするのは唯一、関ジャニ∞なのかな」と、後輩たちを評価した。

 また、ジャニーズJr.の頃の同世代の話題になると、横山が「嵐」と「タッキー&翼」と挙げた。ここでスタジオのR's(レギュラー出演者)から「敵対心みたいなのはあったんですか?」という質問が飛び出すと、村上が「めっちゃあったよ」と即答。すかさず横山が「これはあくまでも個人の意見やから。グループの意見じゃないから」と付け加え、「嵐は仲良かった。合宿所とか一緒やったんで」と回想した。横山と渋谷、村上と、嵐の二宮和也、相葉雅紀、松本潤でつるんでいたと言うので、山口が「もしかしたらこういうメンバーでデビューするんじゃないかっていう思いがありながらJr.の頃を過ごすわけでしょ?」と尋ねたところ、横山は「そうですね、一緒になんかなるんかなとか......」などと思っていたことを明かし、大倉から「嵐に!?」とツッコまれてしまった。さらに、安田が「でもそしたら嵐がデビューした時、ビックリしたんちゃう?」と聞くと、横山は「めちゃくちゃビックリした」と認め、嵐のデビュー記者発表の際に横山と渋谷と共にオフだったとも話した。

 ここで再びアンケートの結果に戻り、上位3つ以外の関ジャニ∞の魅力に「元気」を挙げる人が多いことに着目した。渋谷は「ずっと演歌でいくわけにもいかないんで、何かやっぱり自分ららしいものをって模索しながらみんなでやってた中で1つ出た答え」が、2007年発売のシングル「ズッコケ男道」だと説明。横山も同曲が「ターニングポイント」だと頷いた。しかし、大倉は「元気」を全面に出した明るい楽曲について、「今となってはすごく馴染んできましたけど、途中なんか恥ずかしいなって思う時期もありました」と告白。「やっぱりカッコいい曲もやりたかったりとか。ライブでは出来るんですけど、テレビでは出来なかったり......」といった不満もあったそうだが、「今はありがたい」と感じていると断言した。

 しかしここで、R'sから「元気とか大阪とか、そういうのイヤで辞めたいなと思ったことは?」というストレートな質問がぶつけられると、メンバー含めスタジオは大爆笑。その後、錦戸が「僕は正直、『大阪』って言うのはめっちゃ恥ずかしいタイプやった」「もっと俺らカッコつけれるのにってずっとどっかで思ってた」と回答した。けれども、今となっては「バンドでシングル出せたりだとか、いろんな方向性を試せるようになっていって」と、関ジャニ∞の活躍の幅広さを感じてるようで、今回の「関ジャニ∞の元気が出るCD!!」も「一周してゼロから、ほんまにピュアな気持ちで『このアルバムを作ろう』と思いました」と気持ちの変化を語った。

 一方、アンケートの中には「本当は仲悪いんじゃないの?」という疑問の声も少なくなかった。横山は「昔はホンマにプリン食べた事件はありました」と切り出し、合宿所生活中に自分のものを買った時には"ヨコ"などと名前を書いていたが、冷蔵庫に入れておいたプリンを誰かに食べられてしまったという。このエピソードに、大倉は「(被害に合うのは)大体横山くんっすね」と言い、「ライブ終わりのときに横山くんが楽しみにしていた飲み物を飲んじゃった」ことも明かした。大倉は、その飲み物には名前が書かれておらずみんなの物だと思って飲んだらしいが、横山から「誰や飲んだ~ん!」とかなり怒られてしまったとのこと。しかも「お金返すからごめん」と謝っても、「そういう問題ちゃうんじゃ~!」と、横山の怒りは収まらなかったそう。

 そのようなトラブルもありつつ、今は「大人の話し合いになってきましたけどね」と言う村上。「ライブの話」で意見交換を行うなどと話していたところ、山口が「どうしたマル?」と1人ニヤつく丸山に声を掛けた。すると丸山が「マジメな話になって来たな~と思って」と笑ったため、横山が「マジメな話の時にヘラヘラすな!」と一喝した。

 続いて、アンケートの「本当はマジメなんじゃないの?」という疑問に、村上は「ふざけてる時も僕らマジメにふざけてるんですよ」と主張。しかし山口が遠慮がちに「マジメじゃないってイメージが......」と指摘すると、横山は「自分らでも自覚ありますもんね。多少ふざけてんやろうなっていう」と認めた。また、メンバーの中で最もマジメなのは意外にも丸山だそうで、台本を読み込み「どこでこう入れるかとか、自分のボケれるチャンスはあるかとか」を考えているんだとか。だが、横山からは「メンバーでも不思議やねん。『読んでそれなん?』っていう時がある」と指摘されてしまう丸山だった。

 また、アンケートでは関ジャニ∞の好きなシングルも調査され、1位には2010年の「LIFE~目の前の向こうへ~」が選ばれた。同曲は、シングルでは初めてメンバー全員でバンド演奏していて、大倉は「ずっと歌ってる大事にしてる曲」と話した。山口からバンドをやることへの当初の思いを問われた際は、村上がすぐに「大変でしたよ」と答え、「ちょこちょこライブとかではやってましたけど、リリースするものに対してみんなが向き合ってるバンドに加わって一緒にやっていくっていう時は、これ結構マジでついて行かんとみんなの足引っ張ることにもなりますし」と、担当楽器・キーボード未経験者としての苦労を語った。さらに、最初の頃と今の違いについて渋谷は、「感じ方は全然違いますね。今同じ曲をやっても」と変化を口にした。そんな後輩達の思いを聞いた山口は、「後輩がバンドをやってますっていう見方よりも割と自然に見てるかな。ダンスでワチャワチャ楽しそうにやってる関ジャニ∞よりもバンドの方が割とスッと見れる」と褒めつつ、最後に「鍵盤の人(村上)以外はね」とオチを付けた。

 山口はさらに、「バンド形態でやる時はどういう気持でやってる? 切り替えてる?」と質問し、これには渋谷が「あんまり差はないですかね。自分らにしか出来ないこととかっていうのを追求していったら出来ることはやったほうがいいんじゃないかな。いろんなダンスの方向とかバンドの方向とかっていうのが、いろいろあるのか僕らの1つの味ではあるのかなと思うんで」と話した。

 同番組は来週も関ジャニ∞スペシャルを放送する。


(文=テレビマニア