>  > 「なんで誰も注意しないんですか?」清水富美加、ロケ終了を熱望するKINKI KIDSに本気ツッコミ
R-ZONEテレビっ子ニュース

「なんで誰も注意しないんですか?」清水富美加、ロケ終了を熱望するKINKI KIDSに本気ツッコミ

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1103tv_1a.png

『KinKi Kidsのブンブブーン』公式サイト(リンク


 11月1日放送の『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系)でKinKi Kids・堂本光一と堂本剛が、女優・清水富美加の初めての1人暮らしに向けて物件探しに同行した。

 清水は2015年9月26日まで放送していたNHK連続テレビ小説『まれ』に出演したのをキッカケにブレイク中の女優だが、以前には俳優・福士蒼汰主演で2011年から2012年まで放送していた平成仮面ライダーシリーズ第13作目『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)でヒロインを務めたことも。剛が「(仮面ライダー)アマゾンですか?」とボケたのに対し、清水は「それ昭和ですよね? 平成生まれなんで!」と笑いながら否定したが、光一は「ごめんなさい、私たち昭和です」と自分たちの世代を自虐的にアピールした。

 もうすぐ21歳になるという清水は、そろそろ一人暮らしをしたいと考えているという。この日のロケで見に行く物件の条件には、「東京都内」「オートロック」「3階以上」の3点を挙げた。

 3人が最初に訪れたのは、荒川区南千住にあるデザイナーズマンション。そこで待ち構えていた不動産会社の男性・佐藤さんを見た剛は、「不動産の人ですか? ELTとかにいそうな......」と、ミュージシャン風の容姿をイジった。物件について、佐藤さんが靴工場をリノベーションしたマンションであることを説明すると、清水も「外観すごいイイですよね」とオシャレな見た目に好印象。靴の形のドアノブの付いたオートロックの扉を開けて建物内に入った瞬間にも、「え~! なんかすごいオシャレじゃないですか!」と大きな声を響かせた。共用ラウンジには靴のシャンデリアというオシャレアイテムが飾られていたが、光一はドアノブと併せて「コレいる!?」と疑問の声。佐藤さんが螺旋階段の先に共用の庭があると言うと、剛は清水に1人で行って見るよう指示をし、清水が階段を上って行く様子を「結構1人で行ける娘やね」と下から見守った。庭に到着した清水に「広さどう?」と声を掛けると、「う~ん......狭いです!」とキッパリ。KinKi Kidsの2人も確認のため庭へ向かったが、その狭さに光一も「庭!?」「庭というか......草生えたベランダ」という感想を口にした。

 そしていよいよ、清水の条件通りの3階の部屋へ。扉を開けてもらって先に中に入った清水は、部屋を駆け回りながら「えーメッチャクチャいいじゃん!」を4連発。部屋の外でその声を聞きながら黙って待っていた2人にも「すごい、ほら!」と声を掛け、全員で部屋の中に入ってみると、コンクリート打ちっぱなしのワンルームに、全24室異なるデザイナーによる1点もののデザインが施された作りの空間が広がっていた。シンプルで開放感のあるキッチンの後ろに回った清水がまたしても「え~!」と驚きの声を上げると、光一からは「リアクションするな~」という呟きも。清水に「日本ですよねココ!?」と言わせたのは、外国のような作りのバスルームだった。剛が「秘密基地っぽい」と表現するほど何もかもがオシャレな部屋でテンション上がりまくりの清水だったが、光一が「もう決めちゃう?」と言い出すと、「え!?」と頭を掻いた。まずは家賃を当ててみようということになり、光一は7万5000円、清水は15万円の予想。正解額は佐藤さんから「管理費込みで8万1000円」と告げられると、清水は目を丸くして「えー! やすー!」と叫び、管理費の7000円を抜くと7万4000円でほぼ正解していた光一は嬉しそうに笑った。

 さらに佐藤さんに連れられて出た屋上でも、一足先に「えー! 嘘ー!?」と大声を上げた清水に、「また......」と苦笑いでついて行った光一。しかしそこにあったのはなんと露天ジャグジーで、これにはKinKi Kidsの2人も「スカイツリー(が見える景色も)すごいやん!」と驚いた。この露天ジャグジーは予約制で、何人で借りても1日2500円なんだとか。隅田川の花火も見えるということで、剛は「友達呼んでみんなで楽しむっていう部分では面白いかもね」と想像したが、これに対し清水は「私、今気付いたんですけど、友達いないんですよね」と衝撃の告白。しかし剛は、「ごめんね、傷つくかもしれへんけど、そんな気はしてたよ」と納得の表情で言い渡した。清水は「何でですか?」と聞き返したが、光一は「(露天ジャグジーをキッカケに)友達ができるかも」と促し、剛も「じゃあもうこの部屋にしましょう!」と決定モードに。さらに、光一が「僕ら的には決めていただけるとロケが終われる」と言い、剛も「帰って寝られるんですよね」と本音を語り出したため、清水は「何で普通に言ってるんですか!?」「何で誰も注意しないんですか?」「言った方がいいですよ絶対!」とスタッフに抗議。これには光一も「20歳に『何で注意しないんですか』って言われる30超え」と笑った。結局、この部屋はキープで「もう1軒いいですか?」とねだった清水に、2人は「しゃあなしやで」「渾身のしゃあなしやで」としぶしぶ了承した。

 一行は次の物件がある大田区蒲田へやってきたが、今回も待ち構えていた不動産会社の男性・片岡さんを「ちょっと待って、23歳(には見えない)」とイジる剛と、年齢よりも髪質が気になって触る光一。そんな片岡さんが紹介してくれたのは、家賃7万7000円の「婚活シェアハウス」という、出会いを目的としたシェアハウスだった。まずは3階の部屋から見学に訪れたが、先に入室した清水は「お~ん、むわ~ん?」と微妙なリアクション後、2人の元に戻って「可もなく不可もないです」と正直な感想を述べた。みんなで確認すると確かにシンプルな作りではあったが、風呂場が無い代わりに1階に24時間利用できる大浴場があるとのこと。この時点であと2部屋しか空きがないという片岡さんに、清水は「彼氏欲しいんですよ」と20歳女優の本音をポロリ。その後、理想の部屋の話題になると、清水は趣味で始めたエレキギターの練習のために「防音BOX」が欲しいと引きこもる気満々で、剛は「これは、あれやね。ここに住んでも結婚できひんかもね」と指摘した。

 そして、3人は婚活シェアハウスで最も気になる共用スペースの見学へ。大型カフェラウンジでは住人たちがそれぞれ作った食事を楽しんでいたが、光一は「こういうとこに来ても絶対孤立するタイプやわ」と自己分析。また、1回500円で利用できるフィットネススペースや、24時間無料で使える共用のシアターを見た後は、片岡さんの「一番とっておき」の場所に案内された。扉を開けた清水は「うわー! きたー!」と、この日のMAXテンションで絶叫し、「来た来た来た来た、来い来い来い来い!」とKinKi Kidsに呼び掛けたが、興奮する清水に剛は「なんやねん、初対面やで」と苦笑した。部屋の正体は、1時間500円で楽器まで使い放題のライブスタジオで、清水希望の防音室。清水が「マジで決めそう」と悩み顔で言うと、剛は「決めちゃいそうの唄♪ 行こうか」とドラムを叩き始め、清水のギターとボーカルで即興コラボが実現した。演奏後、清水は「私住みます」と宣言したが、光一が「よく考えて、アナタ女優よ!」と一旦ストップを掛けた。

 その後、共用スペースでカップル調査を行うと、シェアハウス内で恋人ができた男女も思いのほか多いことを確認。すると光一は「何やったら我々も36歳にして独身なので、我々が借りてもいいって話」と自分たちの年齢を引き合いに出し、剛も「『オマエらが入れよ!』って言ってる人結構(テレビの)向こういると思う」と頷いた。

 最後に、住人協力のもとで清水が実際に住んだらどのような感じか、シミュレーションしてみることに。女優の清水が見事に馴染んでいくのを見ていた剛は「いいんじゃない帰って、このまま」と言い出し、光一も「そやな置いて行っても大丈夫」と同意。2人が去って行くのに気付いた清水は慌てて追いかけ、物件はかなり良かったとしながらも、「一つ言っていいですか? 私、背中にホクロあるんですよ。それを大浴場で見られて、『清水富美加、背中にホクロあった』とか言われたら......」と心配を口にしたが、光一から「今言ってるやん!」とツッコまれてしまった。


(文=テレビマニア

画像出典:http://fumika-shimizu.lespros.co.jp/