>  > 「首絞めがしたくて興味半分で殺した」首絞めDVDマニアのヤバすぎる動機
R-zoneニュースワイドななめ読み

「首絞めがしたくて興味半分で殺した」首絞めDVDマニアのヤバすぎる動機

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

首絞めDVDマニアの行き過ぎた犯行



1120ira02.png

出典:ストレイトニュース


 今月17日、江戸川区の17歳の女子高生をチョークスリーパーで気絶させ、さらに馬乗りになり首を絞め殺害した容疑で逮捕された青木正裕容疑者(29)。
 青木容疑者は警視庁の調べに対し「SMに興味があった」「窒息行為に興味があった」などと供述している。

「逃げられぬよう」玄関の鍵かけ犯行...高3殺害(読売新聞オンライン)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151116-OYT1T50199.html


 SMの女王である私のもとには首絞めや窒息プレイマニアのM男が数多くやってくるわ。
 ひとくちに首絞めといってもプレイ内容の好みは様々。

 背後からチョークスリーパーをかけられたり、フトモモで頚動脈を絞められたいという密着パターンが好きなM男もいれば、ベルトやロープを使ってよりタイトに絞められたいM男も。

 さらに窒息に重点を置いたM男の場合は「布団圧縮袋」と「小型掃除機」持参で私の調教を受けに来たわ。
 掃除機の吸引音に負けないよう大声で「ほらほら、どんどん空気が無くなっていくわよ!」なんて言葉責めをしながら内心、電撃ネットワークを思い出してしまう私。

 革手袋を装着した女王に、革のベルトで首を絞められると欲情をするM男に性の目覚めについて聞いてみると面白い返答が。
「幼稚園のころにサスペンスドラマを観ていたらそういうシーンで興奮をしてしまい、それ以来ずっとこの性癖です」

 今回の絞殺事件の容疑者に私から言いたいことがあるの。
 SMの現場に立つ人間は、SもMもともに肉体の限界を知った上で、その一線を越えないよう細心の注意を払って危険なプレイをしているのよ。

 過去にチョークスリーパーの受けすぎで脳溢血を起こしたM男はそれを反省し、ここ数年は首を絞める形だけやんわりと取りつつ、実際には気絶するほど絞めたりはせずに、ほどほどのところで抑えているわ。
 彼いわく肉体的なもの足りなさを、脳内で性的ファンタジーを補填しながら自分の性癖に折り合いをつけている、と。

 相互関係が確立されていないとSMにならない。
 この容疑者はそういった趣向を持たない女性に対し、一方的に自分の欲求をぶつけたんでしょ?
 この身勝手さはサディストでも何でもなく、ただ単に性的にも人間的にも未熟なだけに思えるの。
 こういう人物に軽々しく「SM」だの口にされるのは正直、不快に感じてしまうわね。

 性犯罪者と変態性欲者は全くの別物。

 多くの変態は分別をわきまえて自分の性癖と対峙しているということを、容疑者には理解して欲しいわ。


(文=イライザ・ロイヤル)

1120ira01.jpg

自宅からアニメのDVDなど約420本が押収されながら「借金が100万円あり、生活が苦しかった」と供述する青木容疑者。出典:ANNニュース


イライザ・ロイヤル 学生時代よりSMに興味を持ち、プライベートで個人奴隷を所有。現在はクラブでプレイをするかたわら、ショウ、DVD、TV出演など、女王として精力的に活動中。雑誌でのコラム連載や、パンクバンドを主宰し音楽活動に勤しむ等、活動は多岐に渡る。
ブログ http://ecodamned.at.webry.info/