>  > 元体操メダリスト・池谷幸雄が"リアルなギャラ事情"を激白「ローカル番組のギャラは1本15万円」「全国ネットだと......」
R-ZONEテレビっ子ニュース

元体操メダリスト・池谷幸雄が"リアルなギャラ事情"を激白「ローカル番組のギャラは1本15万円」「全国ネットだと......」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月10日放送の『発見!ウワサの食卓』(フジテレビ系)で、体操選手でタレントの池谷幸雄が自身のギャラ事情を大公開した。

 10月にイギリスで行われた体操の世界選手権で、日本は男子団体で37年ぶりとなる金メダルを獲得し大注目を浴びているが、池谷もかつて1988年のソウル五輪で銅メダル、1992年のバルセロナ五輪では銀メダルに輝いたスター選手だった。

 現役引退後はタレント活動をしながら、自身の経営する体操教室の代表を務める池谷は、全盛期の最高月収は約2000万円、最高年収は芸能活動だけで約1億円も稼いでいたんだとか。しかし、池谷はオリンピックメダルの報奨金で大学4年生の時に1200万円程のポルシェを買ったほか、これまでに2000万円のフェラーリや1000万円のベンツなど合計18台もの高級車を購入し、その総額は約1億円。ところが、突如手にした大金に浮かれていた当時の池谷は、「フェラーリの売却代金着服詐欺」や「体育館建設詐欺」、「クリニック開業詐欺」など様々な詐欺にあい、総額約3億円の被害に見舞われたという。

 同番組ではこの日、池谷が体操教室を増やすための事業資金約5000万円を銀行から借りることができるのか、査定だけではなくそのヤンチャな生活ぶりにも密着した。

 10月のある日、池谷は唯一のレギュラーであるパチンコ番組収録のため、早朝から鹿児島県へ移動。しかし最初に向かったのは現場ではなくゴルフ場で、実は前日入りした池谷はスポンサーである地元社長達とのゴルフを楽しんだ。社長の中には、鹿児島出身のアーティスト・AIの父親も。ゴルフ後は社長のおごりで高級店の食事会やカラオケに参加し、1日で100万円以上の豪遊っぷりを見せた。

 翌日はMCを務めるパチンコ番組の収録へ。池谷のマネージャーによれば、池谷のローカル番組1本のギャラは約10~15万円で、全国ネットなら約15~25万円なんだそう。一方、スポーツイベントなどの場合は約30~50万円で、年間30回以上の出演で約1200万円の収入になっているという。さらに、五輪経験を活かした講演会なると、約60分程度の拘束時間でもギャラは約40万円と明かされた。他にも、スポーツ紙のコラム1本の掲載料は約2万円、スポーツ番組のゲスト出演料は約10万円と、池谷のリアルなギャラ事情が公開され、スポーツシーズンには1日100万円以上の収入になることも分かった。

 そんな池谷は六本木徒歩3分、1DK42㎡の家賃20万円のマンションを自宅兼事務所として借りているとのこと。自身を「家電アスリート」と称した池谷は、リビングに置いた70インチの3Dテレビや、4K画質で約14万円のデジカメなどを紹介。これまでに購入した家電の総額は約2000万円にも上るそうだ。さらに、横浜の美容クリニックには月に1度、ヒゲの脱毛などメンテナンスに通うなどし、1ヶ月で約10万円ほど美容のために使っているという。

 しかし、体操教室では子ども達のことを考えて真面目に厳しく指導を行っている池谷。運動量が減っている現代の子ども達のため、体操教室を増やす資金5000万円を銀行から借りられるのか、元大手銀行の支店長でお金の専門家・菅井敏之氏に査定を依頼。銀行がお金を貸すポイントをチェックする中で、池谷の個人月収は歩合制ではなく固定給の50万円であることも明らかに。一方、全国に15ヶ所展開する体操教室の収入は年間1億円の売り上げとなるといい、菅井氏は「顧客基盤が優れている」と評価した。また、池谷は「五輪メダリスト」という目には見えない価値"無形資産"が抜きん出ているとも。しかし、池谷の貯金額が100万円ほどしかないことや、クレジットカードを12枚も持っていることで浪費家とイメージされることなどがマイナスポイントと指摘した。

 最終的に査定した結果、生徒数約1300人の体操教室で年商1億円の安定した売り上げがあることと、毎月50万円の安定報酬が大きく評価され、池谷は銀行から合計1億4000万円借りられる状態にあることが分かった。


(文=テレビマニア