>  > 宮根誠司、ジャニーズタレントのキャスター進出&気象予報士誕生に苦い顔「辛いわ。俺らからしたら」「追いやられるで、1本でやってる人間は」
R-ZONEテレビっ子通信

宮根誠司、ジャニーズタレントのキャスター進出&気象予報士誕生に苦い顔「辛いわ。俺らからしたら」「追いやられるで、1本でやってる人間は」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 また、同番組は前夜に本人達を直撃。インタビューVTRでは、「なぜ気象予報士を目指そうと思ったのか」という質問に、阿部は「何もない空間から雨が降ってきたり、いきなり晴れたり、そういう不思議な現象がとても大好きで......これから僕がジャニーズとして活動していく中で、『ジャニーズのひとつの武器として気象予報士を生かせることができたらな』と思って資格を取りました」と回答。岸本は「お天気に興味があったことと、年齢制限とか受験資格みたいなものが特にないので、『これなら僕も頑張れば取れるんじゃないか』と思って、仕事の現場でも休憩時間があったら(問題を)解いてみたり勉強してました」と語った。

「仕事」と「勉強」を両立させ、見事資格を取得した2人。所属事務所のジャニー喜多川社長への報告について、岸本は「合格通知が家に届いたその日の夜にジャニーさんにお電話で報告したんですけど、他の方はすごいビックリしてくれたり『おめでとう』と言ってくれたりしたんですけど......ジャニーさんは何か落ち着いていらっしゃって、『取ったんだ。承りました』というお言葉をいただいて、敬語だったので逆にこっちがビックリしました」と振り返った。

 そんな2人が目標とする気象予報士は、声を揃えて「蓬莱さんです!」とのこと。岸本は「もちろんお天気予報の面もすごいんですけど、『イケメンだな』と思って。初めて見た時に、『あ、すごいな』と思って」と言い、阿部は「宮根さんが疑問に思ったことを蓬莱さんにぶつける流れの中で、それに必死に食いついていく......できるだけわかりやすい説明をしようとするそのガッツがすごい魅力的ですね」「まさに蓬莱さんのような天気予報がしてみたいなって思います」と語った。