>  > 宮根誠司、ジャニーズタレントのキャスター進出&気象予報士誕生に苦い顔「辛いわ。俺らからしたら」「追いやられるで、1本でやってる人間は」
R-ZONEテレビっ子通信

宮根誠司、ジャニーズタレントのキャスター進出&気象予報士誕生に苦い顔「辛いわ。俺らからしたら」「追いやられるで、1本でやってる人間は」

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  11月18日の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)に、ジャニーズ事務所初の"気象予報士"となったSnow Man・阿部亮平とジャニーズJr.の岸本慎太郎が出演し、番組司会の宮根誠司アナウンサーが危機感を口にした。

『ミヤネ屋』ではこの日、「今やテレビの顔」として気象予報士を特集。宮根アナは同番組のお天気コーナーを担当する蓬莱大介気象予報士の名を上げ、「気象予報士って合格率国家試験で4%! めちゃくちゃ難しい」と説明した。

 街頭インタビューでも様々な名前が飛び出すほど、現在多くの売れっ子気象予報士が存在している。スタジオコメンテーターとして出演するタレント・ウエンツ瑛士が「気象予報士の資格を持ってなくても天気読んでる人っていますよね?」と質問すると、蓬莱気象予報士は「お天気お姉さんは天気(の原稿を)読むだけだったらOKなんです。なので実は裏方で気象予報士が原稿書いてるんです」と言い、原稿に独自の見解を加えることはできないと説明。宮根アナも「『ひるおび!』(TBS系)で読んでらっしゃるAKB(AKB48)の方々なんかは、お天気お姉さんやから、『降りませんよ』とか言うたらあかんのや」と補足した。

 そんななか、『ミヤネ屋』はジャニーズ初の「お天気お兄さん」として話題沸騰中の阿部と岸本に注目。スタジオでは2人のプロフィールを紹介した。阿部は上智大学、岸本は明治大学在学中ということで、宮根アナは「ジャニーズの皆さん今高学歴ですから」と指摘し、気象予報士の試験を阿部は5度、岸本は4度受験したことに関して蓬莱気象予報士が「合格する人の平均が600時間以上と言われています。1年で2~3時間ずつ毎日勉強して受かる」と話すと、宮根アナは「で、彼らはアイドルもやりながらで。凄いよね!」と感心した。