>  > 人間を家畜扱いするブレンディのWEB限定ムービーが炎上中。ブレンディ不買宣言する人も!
R-ZONEネットななめよみ

人間を家畜扱いするブレンディのWEB限定ムービーが炎上中。ブレンディ不買宣言する人も!

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年11月26日にコーヒーブランド『ブレンディ』がWEB限定公開したスペシャルムービー"牛"達の卒業式を描いた超感動作、思わず牛に感情移入?!と題した『挽きたてカフェオレ「旅立ち」編』が気持ち悪いと話題に。動画を見た人は、ブレンディ不買宣言する人も続出している。

家畜として出荷される卒業式

 現在ブレンディ製品を扱うAGFグループのサイトでは、ニュースリリースのみ情報が残っているだけで、サイトやAGF公式YOU TUBEチャンネルからも削除されているブレンディ『挽きたてカフェオレ「旅立ち」編』が、いろいろ気持ち悪いと話題になっている。

 動画の内容は、牛を擬人化した高校の卒業式が舞台となっており、卒業証書授与式も名前ではなく人が番号で呼ばれ(牛の擬人化なので)、卒業証書には卒業後の進路として人(牛)の出荷先が明記。
 それぞれの人(牛)が進路について悲喜こもごもといった話なのだが、素行の悪そうな男子学生は、進路先が肉として出荷する精肉店であったり、可愛い女子学生は進路が動物園や、主人公で真面目かつ胸の豊かな女子学生は見事進路先がブレンディということで拍手喝采を浴びるというストーリー仕立てのもの。

 ネットでは、「人間が家畜として描かれていて不快」、「不良は屠殺される世の中なのかよ」など、不快に思う意見が続出し絶賛(?)炎上中である。

 内容の良し悪しはともかく、このような騒ぎになることがCM製作者の狙いと思えなくもないのは穿ち過ぎだろうか?


(文=R-ZONE)

1001tako02.png

『ブレンディ』WEB限定スペシャルムービー『挽きたてカフェオレ「旅立ち」編』より