>  > V6・長野博、『スタジオパークからこんにちは』生出演! 『晴れ、ときどきファーム!』共演者・滝沢沙織は「ファームの母」と命名
ワイドショーななめ読み

V6・長野博、『スタジオパークからこんにちは』生出演! 『晴れ、ときどきファーム!』共演者・滝沢沙織は「ファームの母」と命名

この記事のキーワード:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tv_1014_01.jpg

『スタジオパークからこんにちは』公式サイト(リンク

10月14日放送の『スタジオパークからこんにちは』(NHK総合)に、V6・長野博がゲスト出演。長野が出演中の『晴れ、ときどきファーム!』(NHK BSプレミアム)の裏話や、ファームで収穫した野菜を使った料理も披露された。

 OPでは長野をひと目見ようと駆けつけたファンや観客の多さが映し出され、長野が登場すると大きな歓声も上がった。大盛況の中、同番組司会の伊藤雄彦アナウンサーから「V6デビュー20周年」に加えて「しかも、先週お誕生日」と、10月9日に43歳の誕生日を迎えたことをお祝いされた長野は、「ありがとうございます」とはにかんだ笑顔。2013年から出演中の『晴れ、ときどきファーム!』が紹介されると、ファームで収穫された食材を使って、野菜ソムリエ資格や調理師免許を持つ長野が後ほど料理を作るということで、長野は「食べていただけたらと思いまして」と頭を下げた。

 スタジオの席に移動し、改めて『晴れ、ときどきファーム!』の話に。同番組は、長野と共に森三中・村上知子や女優・滝沢沙織が築94年の古民家と畑を借りて、手作りの里山生活を送る様子を放送している。長野は「食べるだけじゃなくて、モノづくりもいろいろ」と、やりたいことを3人でスタッフに提案しながら番組を楽しんでいると説明。番組内容を紹介するVTRでは、長野が野菜のウンチクを語る姿も見受けられた。

 前日も古民家でロケを行ってきたという長野は、昨年から始めた米作りの作業の一環で、稲刈りと天日干しをしてきたんだとか。また、スタジオにはファームで育てたミントを使ったミント水が用意されていて、伊藤アナや同じく司会の竹下景子アナは「ほんのりと(ミントの味がする)」「口の中が爽やかな香り」と絶賛。さらに、グラスやコースターも長野の手作りで、番組では本当に何でも作っていることをアピールした。

 一方で長野は、自然界を相手にすることの難しさにも言及。猿避けのカカシ作りも、作っている時から猿に見られていたそうで、そら豆には網まで掛けて対策していたにも関わらず、「9割9分」は猿に食べられてしまったという。しかし、猿への不満はそれだけではないそうで、長野は「(3粒くら入っているのに)たまに1粒残したりする。食べるなら綺麗に食べてほしい」と苦笑した。

 また、番組が用意した滝沢からのコメントVTRも放送された。滝沢は長野の第一印象について、「とっつきづらい人なんじゃないか」と思っていたことを告白。最初はあまり目を合わせなかった2人だが、ファームロケに入った後はすぐに打ち解けたんだそう。さらに滝沢は、長野を「時々おっちょこちょい」と言い、蕎麦の実を畑に撒く時に話に夢中になっていたせいか、「(長野が)全部ガシャーンって倒しちゃって」ということがあったと話した。「真剣になりすぎておっちょこちょいになるところがあるのかな」とVTRの中で笑う滝沢に、「蕎麦、覚えてます」「密集して生えましたね」とエピソードの事実関係を認めた長野。しかし、目を合わせなかったのは最初だったからだそうで、今は「たっきー(滝沢)は、女優さんなんですけど『本当に女優さん?』と思うくらい男前な感じ」と親近感を感じている様子を見せた。

tv_1014_02.jpg

『晴れ、ときどきファーム!』公式サイト(リンク

 ここで、滝沢が長野のことを"ファームの○○"と思っているというクイズが出題され、"ファームの母"、"ファームの博士"、"ファームの王子"と3つの選択肢から当てることになった。視聴者の投票では"博士"が一番人気だったが、正解は"ファームの母"で、滝沢曰く「すごく物腰柔らか」「癒される」という理由からだそう。伊藤アナは「(長野は)V6の母的な感じ」というファンの声も紹介したが、長野本人は照れ笑いを浮かべながら「自分では自覚症状ないんですけどね」と述べた。

 その後、エプロン姿になった長野が前日に収穫したばかりの野菜を使って「長野流 みそしぎ」を調理。生放送で料理するのは初めてとのことだったが、合間には「一旦フライパンの温度が下がって、上がるまでは触らないほうがいい」など調理師免許を持っている長野ならではの解説も入れつつ、手際よく調理を進めた。"みそしぎ"という料理名の由来説明にも、アナウンサー2人は「そこまで言える長野さんもすごい」と感心した様子。完成したみそしぎを口にした竹下アナは「ナスの新鮮さが残ってる」と言い、伊藤アナも「ご飯何倍でもいける」と美味しそうに頬張った。

 番組後半は長野の生い立ち紹介で、赤ちゃんの頃の愛らしい写真も公開された。1995年にV6の一員としてデビューした当時の写真には、「あんまり見たくないですね」と恥ずかしがる長野。また、写真を見て「後ろの3人(森田剛、三宅健、岡田准一)には支えられました」と当時を振り返った。さらに、長野自身のこだわりとして"車好き"の面について話を振られると、長野は熱いこだわりトークを展開。洗車についても洗浄機は使わず、自らメンテナンス箇所を確認しながら丁寧に「手洗い」するのが習慣化していると、車への愛を語った。


(文=テレビマニア